Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

勝つってこと

こころの”支点”を持つ

JUGEMテーマ:スポーツ

大きな目標である「卒業」を達成する場合に、

<てこ>を使うと楽になります!

重い荷物を持ち上げるのも、<てこ>があると持ち上げやすくなりますよね!


この<てこ>の働きを使うためには、<支点>がいるわけです。

この<支点>を、勝ち負けにしてはいけません。

”全試合勝つぞ!”なんて思ってみて、気合入れたって、負けるときは負けるわけだし、勝てる相手に負けたりする

と、やはり揺らいでしまいます!



<支点>が揺らいでしまったら、<てこ>は効きません。





<てこ>には、

勝ち負け以外のテニスに取り組む姿勢とか、

信念みたいなものがいいようです!


「2バウンドするまでは必ず追う!」

「終始笑顔でいる!」

「どんな場面でも強気でプレーする!」

「テニスをする日は、家事で手抜きをしない」

とか……etc.


なんでもいいんです!じぶんがこれならできるというものでいいから、

必ずやり通す!

貫く!

ことが大事なんですね!


このことによって、直接、勝負に関係ないようでも、

こういったことが、

こころの<支点>になり、

<てこ>が働いて、

大きな目標をクリアできるパワーが生まれるのですね!


やっぱり、試合に強いひとって、

なにか一本スジが通ってるというか、

なにか揺らがないものを持っているじゃないですか!


だから、勝ちたかったら、

急がば回われで、こころの<支点>を創ることが必要なようです!


この<支点>があれば、

試合に負けても、

負けたけれども、こころの<支点>は、揺らがずにやり遂げた!

と自信になるでしょうし、言い訳じみたものも、なくなっていくような気がします!


こころを貫く<支点>というものを創っていきましょう!


ポチっと!も貫いてみよう!↓
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村
テニス ブログランキングへ


「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2012年1月25日

faceup_1.jpg
昨日は、「テニスオフ」からの参加で、塾生空き待ちに登録されました!
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2020.11.25 Wednesday
  • 09:12

勝つってこと

卒業するのだ!を支点に

JUGEMテーマ:スポーツ

お金を貯めるためには、まず貯める分のお金を真っ先に収入から取る!

そして、残ったお金を生活費に充てるのだ!

お金が余ったら貯金しよう!

などと思ってもできるものではない!

……と、真っ先に封筒に○○支払い  

とか、書いて分けてしまってる主婦の方を、

夕方のテレビのニュース枠でやってました!(ドケチ主婦みたいなやつ)


この場合、

”貯金する”

が絶対に外れない、ブレない、固定している、

<支点>になってるわけです!


これと、”卒業する”も似ているようで、

上手くなったら、卒業します!

は、

お金が余ったら貯金します!

と同じようなものなのかもしれません!


黙っていても、大きな収入があれば、工夫しなくても、努力しなくても、貯金ができるのでしょうが……。

黙っていても、学生時代からテニス部だった!とか、運動神経抜群で……なら卒業できるのでしょうが……。


そうでなかったとしたら、

工夫しないと、努力しないと、お金が貯金できないのと一緒ですよね!

さっき紹介したような、”封筒”のように、固定で決めちゃうのっていい方法ですよね!


なので、

”卒業する!”

と決めちゃってください!


別に人に言わなくてもいいんですから……。

遠慮せずに……どうぞ!


……



っていうか、

そこを決めてくれないと始まらないんです!


グラグラしていたら、行動も流れにまかせて……になっちゃって、

貯金できないのと一緒なんです!


田上も”卒業させるぞ!”って思っているから、

”ドケチ主婦”をみていて、

<女子連テニス>と一緒だ!とひらめいたわけで……。


思っていなかったら、ただ、みた!で終わっていたでしょう!

おっと!待った!

あなたも「封筒!!」って家人の叫びが……(笑)

おっと!笑い事ではありませんでした!(汗!)


ポチっと!は忘れずにお願いします!↓
テニス ブログランキングへ
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村



前回の”エストーレ”ワンデーレッスンに参加者の声

  
先日は、エストーレでのレッスンお疲れ様でした。

天気にも恵まれて、たっぷりとテニスが出来た1日でした嬉しい

コーチのレッスンは、【人それぞれの打ち方でいいから】ってところが、主婦からテニスを始めた私にはありがたい

です楽しい。(学生からやってるわけではないし、キチンとしたフォームで打てるまで練習したら体が先に壊れそう)

フォームのことなど、一言も言われないのに、レッスンを受けているとキチンとボールが狙ったところにいく感覚は、すごく気持ちイイですねグッド

ただ、雑念が入ることもしばしばアセアセ、ボールしっかり見る基本すらおざなりもしばしば・、ピンポイントで狙ったつもりがズレちゃったアセアセは、しばしばじゃなくたくさんで汗…。

体に染み付くまで、めげずに、ブレずに練習&練習です。

私は、スクールとかに通っていないので当日まで、どんな方々とレッスンするか超ワクワクハートでした。

遠くからいらしていただいた方々には、感謝です女ありがとうございましたニコ



「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2012年1月23日

012.JPG
塾生満員!空き待ち受付中!まずは無料体験レッスンへ!
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2020.11.21 Saturday
  • 16:35

勝つってこと

ヤマ<女子連テニス>の登り方 そうはいっても……

JUGEMテーマ:スポーツ

<女子連テニス>の登り方シリーズ”最終章”で〜す!


このシリ−ズでは、<女子連テニス>で、

なんとか勝ちたい!っていう人に向けて、

その目標”勝つ!”ってことを”頂上”に据えて、

その”ヤマ”の登り方をお話ししてきました!


あくまで、「試合」を意識して、練習をすすめていくということになります!


今回は、その真逆ともいえる展開になります!

えっ!〜真逆って…気になるな?って方はポチッと↓
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村


前回のブログにあったように、

「田上塾」には<強くなる練習期>と<上手くなる練習期>があると言いました。


”強くなる”と”上手くなる”は

みなさんが思ってるほど直接的にはリンクしないのですが、

間接的にはもちろんリンクします!


なんだかんだいっても、やっぱり、

技術の依りどころみたいなものがないと、自信になりません!


いきなり、じぶんを信じなさい!それがホントの”自信”だ!

……なんて言われてもねぇ〜!(えっっ〜??それって、田上が言っていたことじゃないの!)


田上のレッスンは、とにかく数多くボールを打たせてくれます!

数多く打ってもらう中で、

これだ!この感じ!

をつかんでいただきます!


どうしても、

打てた気がしない!納得いかない!力が伝わらない!気分悪い!

……っていう場合は、コーチングします!


これがうまくはまって、

”打てた!”

となったときは、

生徒さんもコーチもうれしい!楽しい!


「田上塾」の技術目標は、

どこからでもどこへでも打つことができる!

なので、けっこうマニアックな課題もあります!


そしてあなたのテニスの幅が拡がる!

豊かな技術で打ちあう生徒さんのプレーを観ることほど、楽しいことはありません!

コーチ冥利に尽きます!

コートサイドで、待ちの生徒さんも観ていて楽しいはずです!

「田上塾」も九年目……

前身の「バーニングテニスチーム」から数えて、14年目ですからね……

けっこう長い生徒さんもいて、そりゃなんでもできますよ〜!

一番長い生徒さんは、

田上の大学時代、バイトコーチからのおつきあいさせてもらってます!


なんだ!やっぱり技術を磨いて、”積み上げて”いくんじゃないか!

そうですよ!それが”王道”です!


ただ、”試合に勝つ!”ってことは、

そんなプライド持ってても、かえって邪魔になる場合もあるわけで……。

試合って、

試合って、

………

勝ってナンボのものでしょ!

を、しっかり押さえていただきたいのです!

そこがないと、いくら上手くなっても強くはなりません!



なので、

前回までの「ヤマの登り方 その1〜7」は必要な考えになるかと思います!

ご意見いただけたらありがたいです!

ポチっと!↓
人気ブログランキングへ


「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2012年1月17日


SN3D0026.JPG
18年目の2020年の現在は、<上手くなる>練習しかしていません!
<豊かなテニス>でテニスを味わい切る!
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2020.11.18 Wednesday
  • 09:38

勝つってこと

ヤマ<女子連テニス>の登り方 その6

JUGEMテーマ:スポーツ

「田上塾」では、

「ランク別大会」を照準に、

大会前半年を、<強くなる練習期>

大会後半年を、<上手くなる練習期>

と、2期に分けています!



どんな違いがあるのかというと、

<強くなる練習期>では、

”相手のいない”球出し練習はしません!

試合で、相手がいないということは、ありえませんから…。




そうすると……

球出し練習はやらないの??

やるのか?やらないのか?の前にポチっと!↓
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村





いいえ!やります!

<相手付きの球出し練習>をやります!




相手をおいて、その相手が嫌がることをする!



打ち合い(ラリー)ではないんですか??

打ち合いもやりますが、テーマを連続的に打ってこなすことができないので、効率が悪いので、主役の生徒は、コー

チの球出しだけ打ちます!

その打ったボールをコートに向けて、打ちっ放しではなく、

相手が対応して、終わります!

そのときの、相手の対応ぶりがポイントになるわけです!

余裕なのか?窮屈そうなのか?


相手のいない球出し練習は、じぶんの満足度をはかるだけです!

試合は、相手がどう感じているのかが、ポイントになるわけで、

自分側が満足いってなくても、相手が嫌がっていればいいわけですし、

その反対で、

自分は大満足!相手には”待ってました!”とカモにされている!

のでは、いただけないのです!


ですから、この<相手付き球出し練習>のテーマは、

”デッドゾーンにいる相手をスピードではなく、球足の長さで詰まらせる”

とか、

”相手バックサイド前衛の<バックの脇>(手が出せそうで意外と手が出にくいところ)をスピード付けて突いていく”

……みたいな。


そうなんです!

じぶんのグリップがどうだとか、トップスピンがどうのこうのとかは、

いっさいお構いなしです!


相手を追い込めばいいんです!

それもあなたの”いま”持っている技術で追いこむ!



別に、フェデラーのテクニックを持っていなくてもいいんです!

いいのかわるいのかは、

その相手の様子になります!


もちろん、

まわりまわって、

じぶんの納得いく打ち方になってなければ、

相手を追い込むことなんか、できやしない!

な〜んてこともいえるでしょう!


しかし、

それは、

まわりまわってのことです



じぶんが納得いくショットを完成させるのを

待っていたら、いつになるんですか?


そして、完成させたとして、

どれだけの完成度になるんでしょうか?


完成させたとして、それから、

相手を追い込むことを意識した練習に移るわけですか??


それもいいでしょう!

もし、そうしたあなたは、ことし卒業しなくていいわけですね……。

3年計画で3年後に卒業します!

これなら有りだと思います!


いやいや、わたしは毎年勝負賭けているんです!

っていうことでしたら、

まず、じぶんの満足度はひとまず置いておいて、

相手を追いこんでみてください!

じぶんなりにやってみて、

この方法ならいけそう!

というものを取り上げ、

たくさん打ちこんでいったら……

結果的に

そのショットの完成度が上がってしまっていた!


……そんなところが現実的だと思います!



スクールでよくある、

いまは、フォームをつくっていますから、ミスは気にしないでフォームを意識しましょう!

これは、試合と180度違う構造なわけです!


練習で、試合とまるっきり構造の違うことだけを練習して、

あとは、試合の数です!試合慣れしてなんとか練習したものがそのうち出てくることを期待しましょう!

……って、今までの田上も突き放していました!


いまでは、試合と練習を結びつける工夫が、すこしだけできるようになりました!



よくできました!…でポチっと!↓
人気ブログランキングへ


「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2012年1月16日に加筆


faceup_1.jpg
スポットレッスン<秋の陣>参加者募集中!12月1日最終日!
「田上庭球塾」ホームページ

  • 2020.11.17 Tuesday
  • 20:44

勝つってこと

ヤマ<女子連テニス>の登り方 その5

JUGEMテーマ:スポーツ

<女子連テニス>ヤマの頂上は、”試合に勝つ!”とします!

「試合」に勝つために「練習」します!



「試合」に勝つ!

ということは、

・自分たちの技術で、相手を圧倒することで勝つ!

・相手の嫌がることをして、相手に自由にプレーさせにくくする!(相手の力を目減りさせる)


自分らが相手を上回るのか、相手が目減りして自分らより下回るのか

の2パターンがあるとします。


<女子連テニス>の”ランク別大会”で考えれば、

”技術で圧倒する”は、考えにくいのです!

ランク別なら特にそうですし、

そうでなくても、ワンランク差くらいならそういえるでしょう!

(っていうか、このブログの<女子連テニス>の定義は、みんなおんなじ…大差なしで語ってます!)



となると、

じぶんのショットが”打てた!”としても、

相手にとって、

イヤらしいショットなのかどうか?がポイントになってくるわけです!




いくら自分にとって会心の一打であっても、

相手にとっては、かえってタイミングのとりやすい、合わせれば返る!

みたいなショットだとしたら、

まるっきり”自己満足”に過ぎないわけです!(じぶんひとり”仁王立ち”みたいな(笑))


そしてそして、

<女子連テニス>特有の、

特有の?なんだろか?そのまえにポチッと↓
人気ブログランキングへ



<女子連テニス>特有の……




はいっ!出ました!



ペアさんの、





それだとわたしがどこにいたらいいのかわからない!

速すぎて、からんでいけない!





出ました!

ねっ!やっぱ出たでしょ!(笑)



それから、

悲しいかな……

ホントに相手を圧倒するようなショットは出ていないのです!

ご自分の手ごたえに比べて……

ゴメンね!大したことないんだ!(大したことある方は、速やかにご退場願います!)



それに、

ラケットもよくなってるし、

じぶんもうまくなったな!

なんて思っていたら、

なんと……

なんと……

まわりもみんな同じようにうまくなってた!(笑)

なので、

みんなブロック上手なのよ!予測もいい!



コーチ一発で決まらないんです!もっと威力出したいんですけど……!


よしっ!田上にまかせなさい!




と、やってみましたが、

ごめんなさい!田上の力不足!


何割かは増したかな??


もしくは、

本人とコーチだけがわかる世界で(笑)

威力出たゼ!

(残念!まわりからすると、ほとんどわからない!ボール受けてみないと…(笑))


他の優秀なコーチの場合は、そんなことはないのかもしれませんが……(汗!)

(次回につづく)



いやいや、私のコーチはこんなものではないですよ〜!て方はポチッと↓
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村


012.JPG
いよいよ12月1日まで!スポットレッスン<秋の陣>参加者募集中!
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2020.11.16 Monday
  • 16:40

勝つってこと

ヤマ<女子連テニス>の登り方 その4

JUGEMテーマ:スポーツ

この一連の連載を、

「ヤマの登り方」なんていう題名にしちゃったから、

登山のやり方??

みたいなことになっちゃって、

アクセスが伸びないので……。

ポチッとで協力お願いします!↓
人気ブログランキングへ





このヤマの頂上は、試合に勝つ!です!

コツは、頂上から下って考えてみると、最短ルートを外しにくいです!


「試合」→「練習」

というこの流れですね!


「試合」をする。

反省する。

………

……



後悔だけになってませんか?




<課題>をみつけるだけでは、後悔ですよ!

その<課題>を克服しないと、いつまでたっても変わりませんよね!



ここなんです!



<課題>だけみつけて、愚痴ってる!



そうでもしなければ、

こんなに毎日やってるのに、

こんなに変わらないわけないんだから……(厳っ!)


この<課題>を掲げるだけでは、なんにも変わりません!

ここから<課目>(メニュー)を創らなければなりません!




「田上塾」では、一年を大きくふたつの時期に分けてます!

ランクアップ大会前(12月)から大会終わるまでの時期を

<強くなる練習期>

ランクアップ大会終わって、11月までを

<上手くなる練習期>


<強くなる練習期>でのコーチとのマンツーマンタイムでは、

リクエストに応えるようにしてます!

大会前で、コーチから新しい技術のようなものを押しつけられても困るでしょ……。



このリクエストの内容が、

試合をしっかりこなしている人は、

<課題>も明確になり、

○○お願いします!

とリクエストできます!


さらに、強くなる人は、

<課題>からもう一歩踏み込んでいて、

<課目>を指定されます!


こんな状況をコーチが設定して、ここへ球出ししてください!


……みたいな。




その<課題>を克服するために、どんな練習をしなければならないのかを

考え、工夫してみましょう!(<課目>の設定)


そして、その<課目>を練習していきましょう!

なんですが……、


これをやる場がない!

ってこともあるんでしょうね!


”地味練”  ”コソ練”

ができればいいんですけどね!


現実そんな場はなくって、

スクールと試合のくりかえし……。

仲間とコートとっても、ゲーム好きの方が、必ずいるもんで……


そんなマジメぶってないで……

はやくゲームやろうよ!


ゲームもいいけど、ポチッともね↓

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村


「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2012年1月12日


現在「田上塾」は、

どこからでも、どこへでも、なんでもできる!

<豊かなテニス>を標榜しています!

初中級から女子連チャレンジャーまで対応します!

一度顔見せてくださいな……「無料体験レッスン」実施中!

「田上庭球塾」ホームページ
  • 2020.11.15 Sunday
  • 16:29

勝つってこと

ヤマの登り方 その3

JUGEMテーマ:スポーツ

<女子連テニス>という”ヤマ”を登ります!

いろんなルートがあるから、じぶんにあったルートを選びましょう!

といっても、歩いてみないとわかりませんし、

正しかった!間違いだった!

というものでもありません!

たとえ、間違いだったとしても、

そのとき”良かれ”と思って、

日々充実して、ワクワク前向きに取り組んでいたら、

メソッドがなんであれ、

必ず、上達します!(
これが不思議なんですよね!)



そのルートを外さないコツとしては、

頂上から下って行くように考えるといいとお話ししました!


頂上は、”試合に勝つ!”

ということなんで、

練習と試合があるとしたら、

試合から練習を導いてくると良さそうです!(頂上から下りますからね…)



常識として、

練習を積み上げていって、その先に試合がある

と考えるのでしょうが、

効率は悪いと思います!


"積み上げ"が悪いと言ってるわけではありませんし、(「田上塾」も”積み上げ”てます!)

時には、”積み上げ”も必要であったり、効果的なこともあるでしょう!

バランスともいえるでしょうし、TPO次第ってことになるかもしれませんが……。


<女子連テニス>の一般的な練習環境からいって、(そうはいってもそれこそ千差万別かとは思いますが)

”積み上げて”いったら、それで終わります!

試合とは、結びつかないで……!(間接的には影響するでしょうけど)

もしくは、

積み上げ切る前に、中途で終わります!(コーチが変わるとか、コーチ自身の考え方が変わってしまうとか、試合が

立て込んでいて練習できない……とか)

これが、みなさんがよく言う”練習ではできるんですけど…”


これって、あなただけが特別で言ってるのではなくって、みんなが言ってることなんです!


ポチッとは、みんながやっている?↓
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村




ということは、

”試合でできるようなことをしっかり練習しよう!”

って考えるのです!(やっぱり下りでしょ!)



もちろん、それだけでは、幅が拡がっていきませんので、

じぶんにない新たな課題を設定することも、上達のうえで必要ですが、

二の次です!

っていうか、

次々試合を組んでいたら、

自然とそうなっちゃいますよね!




ここでいう”積み上げ”は、

”なにを”

積み上げようとしたかが、ポイントになるでしょう!


それが、頂上から観ていくってことです!


そうです!



あなたの試合です!



あなたの試合に、照らし合わせてみるってことが大事でしょう!



あなたの試合に必要なのかどうか?

現実問題として、やり切れることなのか?

やり切ったとして、それだけの価値があるものなのか?(
もちろんやってみなければわからないんです

が…)

よくあるのが、

サービスライン内で、1stボレーしましょう!っていうような話です!

あなたの試合で、

サービスライン内で、1stボレーできたら……

そんなにハッピーなことですか??

サービスライン内ならミスが激減するんですか??

逆にデットゾーンだったら、

そんなにヤバいことなんですか??

そんなに一分一秒争っている試合ぶりなんですか?(ゴメン!0コンマ何秒でした!)


また、

やり切るのにどれだけの時間がかかり、

またその練習時間を確保しているのか
?(すぐ仲間とゲームになっちゃうでしょ!)


そしてそして、

<女子連テニス>特有の

ペアさんに理解してもらえるのか?(待ってくれませんよ〜意外とやっかい)


わたしは、あなたにできないことを求めているんじゃないのよ!

できることをミスしないでやってくれれば、それでいいの!

って、あなただって思ってませんか?



はい!思ってます!って方はポチッと↓
人気ブログランキングへ


「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2012年1月10日

012.JPG

しっかり”積み上げ”ていきます!(笑)
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2020.11.14 Saturday
  • 13:54

勝つってこと

ヤマの登り方 その2

JUGEMテーマ:スポーツ


それでは、

<女子連テニス>という”ヤマ”の登り方をお話しします!


聴きたい方は、ポチッと↓
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村



ヤマの頂上は、

<女子連テニス>のダブルスの試合に勝つことです!




ということは……、


<女子連テニス>であるということ!

主婦が対象である。



ダブルスであるということ!

シングルスは考えない。



試合に勝つことが目標!

うまくなっても勝てなければダメ!(”勝ち”がすべてではない!が正論だが、ここでは置いておきます。)


……そんな”特殊なヤマ”です!



そんな”ヤマ”を登って行こうと思います!

あっ!そうそう!

これには、制限時間あります!

もちろん、ひとそれぞれ持ち時間は違います!

身体が続く限りガンバる!

というひともいるでしょうが、

”ランクアップする!”のように、

しゃにむになって、勝ちに取り組むのは、そんなに長くはないと思います。10〜15年くらいですかね…。



そんな”時間制限”付きの”ヤマ登り”です!(テニスは生涯続けるでしょうけれども…)


コツは、

”ヤマ”を登るのではなく、

”ヤマ”を下るようにとらえていく!


ってことです!



あれあれ!「ヤマの登り方」っていっておきながら、

”ヤマ”を下るんだ!


はい!頂上からしっかり観ていくってことです!


まず、

ホントに頂上に登りたいの?

ってことです!


この気持ちの強さは、大きく物を言います!

なんか、行きがかり上、大会出てます!

って感じでは、やっぱり登れないです!


最初は、気軽な気分で出てみたんだけど、

その試合に負けたのが、心底悔しくて悔しくって……

絶対に卒業するぞ!

って心に誓いました!

……とか。


卒業できた人に聞いてみると、

なにが変わったわけではないけれども、

”達成感!”とか、

まわりから”よかったね!”と声をかけられての”満たされた感”が

やっぱり、ヤマを登ってよかった!またぜひとも登りたい!

ってことになるようです!


「田上塾」でも”祝勝会”は、なんともいいもんです!

やっぱり、”勝ち”って素晴らしい!と思います!


この味を一度でも味わえると、またモチベーションも違ってくると思います!

こればっかりは、味わってみないとわからないわけで……


なので、

勝ちがすべてではない!

というのが、正論だとは思いますが、

勝ってないひとが言っちゃうのは……??


まずは、ホントに登りたいのか?試合に出て勝ちたいのか?

を、しっかりじぶんに問いかけてみてください!



(次回につづく)

「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2012年1月6日


次回に期待する方はポチッと↓
人気ブログランキングへ


faceup_1.jpg
スポットレッスン<秋の陣>参加者募集中!12月1日最終です!
「田上庭球塾」ホームページ


  • 2020.11.12 Thursday
  • 16:26

勝つってこと

ヤマの登り方 その1

JUGEMテーマ:スポーツ

<女子連テニス>という”ヤマ”を登ります!

頂上は、大会に出場して、試合に勝つ!という設定です!

ヤマを登るルートは、何本もあるはずですからね!

田上の言っているルートが全てではないですよ!


他のコーチや先輩たちが、おススメするルートのほうが、

あなたには、合っているかもしれませんよ〜!


そして、前々回にも申し上げたように、

一般論から、どれだけじぶんに合った形にもってこれるかがポイントですからね!



さて、前提条件をお話ししたところで、

前回、制限時間付きのヤマ登りであるといいました。


日々充実したテニスライフを過ごせていたりすると、

この日々の積み重ねが、頂上につながるぞ〜!

と、思えているのも束の間で、

だんだん、マンネリ化に陥ったり、惰性的になってしまうものです!


昨年の”大震災”は、

こういった”日常”が当たり前のものではないんだ!

ある日突然失くなってしまっても、おかしいことではないんだ!

ということに気づかせてくれました。


<女子連テニス>では、この”ある日突然”が、

ホントによくあるんです!


先日も、昨年の「ランク別大会」で、惜しくも4回戦で負けてしまって、

今年こそ!と田上も意識していた方が、ご家族の関係でテニスをお休みされることになりました。


なので、

惰性的になりがちな”積み重ね””足し算”で、

”ヤマ”を登っていくよりも、

頂上から下っていく、

”逆算”

”割り算”

でとらえていくと惰性的にならず、マンネリにも効くような気がします!


積み重ねていったら、うまくなって、勝てるようになるかな?

……では、勝ちにくいのです!

なぜなら、勝てるようになるかな?って思うことは、


………

……



ポチッと!↓
人気ブログランキングへ

勝ててないから、

勝てるようになるかな?

と思うわけで、

ある意味、勝ててないことをイメージしちゃってる!ことになるんですね!





まず、

勝つ!と決めちゃってください!

えっ〜!そんなの無理!って方は、

もうちょっと、ちいさなヤマにしましょうか!(100%イケる!ではもったいないですよ!ちょっと背伸びした”ヤ

マ”にしましょう!


この”ヤマ”の頂上まで、あと何年かけるのか設定して、

”いま、なにをすればいいのか!”と

逆算していってください!





ただ、なんとなく惰性的に”良かれ”と思うことをこなしていっても、

状況によって、目指すべき頂上が、いつのまにか変わってしまったり、

いつのまにかルートから外れているのも気づかずに、

ぐるぐる森の中!

道なき道を歩き、迷っているあいだに、

消耗してしまい、やる気も失せてしまう!

もう!頂上なんていけなくっていいの!

……と、なんかいけない理由をとってつけたように言い出して、

じぶんを納得させてしまうものです!

なので、

頂上から下って行った方が、ルートを外しにくいわけです!


特に頂上がハッキリ見えてない方は、

あと二年で終わり!

に設定しましょう!

それだけで、緊張感違うでしょ!



田上も、ことしの一発目の「田上塾」”会報”で、


”ラストスパート”宣言しました!




あと○○年で、終わり!

ということで、ことしはやります!パンチ


(次回につづく)

次回に期待される方はポチっと↓
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村

DSC_0010.JPG

……と、ラストスパート宣言した2012年から、

2020年まで、やってこれました!感謝です!

2018年に<女子連テニス><勝つテニス>を卒業しました!

いまでは、

生徒さんひとりひとりの個性を大事にしながらも、

その個性をさらに超越した<豊かなテニス>で、

次回のレッスンがワクワク待ち遠しい、

笑顔の絶えないレッスンを心掛けています!

女子連チャレンジャーにも相当プラスに働くものと、自負しております!

まずは、<無料体験レッスン>いらしてみてください!

「田上庭球塾」ホームページ

  • 2020.11.11 Wednesday
  • 09:06

勝つってこと

これしかないわけだから

JUGEMテーマ:スポーツ

マラソンの小出監督が、

「何百回に一回」の確率でしか、マラソンでは絶好調はない……。

と、コンディショニングの難しさを説いておられました。

テニスの場合は、対戦型のスポーツですから、

自分が絶好調であっても負けることがあるし、

その反対もあるわけです!


できることは、

じぶんの体調も、パートナーの調子も、相手の強さも、天気も、コートコンディションも……


全てを受け入れて、

そのうえで、

じぶんのやれることを精いっぱいやること!


これしかないわけです!


できないことをやれ!

といってるわけではないのですから……

楽なもんです!(笑)



田上の大学時代の学校対抗のリーグ戦では、

先輩から

「田上!わかってる??!

ベストを尽くした!

ではダメなんだぜ!

勝たなきゃダメ!なにがなんでも勝つんだ!

おまえの勝ちのために、ボールボーイしてくれる先輩もいるんだからな!」


な〜んていうのと比べたら、

ベストを尽くせばいい!

っていうのは、潔くっていいじゃないですか!


しかしながら、

試合に強い!ってことは、

勝負に関して潔かったら強くなれません!

最後の一本まであきらめない!しぶとく引き下がらない!

ってことですから……。


ですから、

そんなしぶとさをつけていくには、

先ほどの先輩のようなアドバイスも有効かなとは思います!

プレッシャーのストレスで吐いたりします!(あはは!)


師匠の「往生際わるく…」って言葉を思い出します!


「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2011年11月12日


ポチっと!しかない

人気ブログランキング

DSCF0717.JPG
スポットレッスン<秋の陣>参加者募集中!
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2020.10.26 Monday
  • 16:34