Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ペアリング

禁句!

JUGEMテーマ:スポーツ


「私は、ペアでうまく行くのは個々のレベルが高く(これはA様の場合か)、また同レベルであることが基本だと思

います。」(現役Aさま談)


同レベルっていってもね……

なかなかピタッとそろうものでもないし…、

今回のikoさんのように”雲上人”と組む場合もある。


負けてコートからスタンドの階段をあがってくる……

みなさん!

この場面気をつけて!

いちばん本音が出やすいシチュエーションですからね!!

ここで”本性”があばかれるんですよ〜(笑)



テニスやり終わって、特に試合で、いつも以上だった緊張もほぐれて、

”ホッと”したとき、ブレーキが外れるんですね!


レッスンでもレッスン終わって、クラブハウスに帰り、

”ホッと”したときに


うまくなりましたね!!

っていうと、潜在意識まで深〜く届くもんです!


”あっと!”

ここで、同じクラスの”教え魔”みたいな人につかまると大変です!

せっかく、コーチが”仕上げた”ところなのに…

あ〜あ!もったいない!台無しです!



あのね!こっちの”球出し”はね〜!

ただ”打ちやすい”っていうだけじゃないんですよ!

うまくさせちゃうんですよ!(これは、受けた人ならわかります!)


だから、生徒さんの「”球出し”なら出来るんですけど……」は、

ある意味ホントのことなんです!

そうです!

生徒さん自身ができたのではなく、

コーチの”球出し”が、出来させてるんです!Docomo5
またまた、話がそれました…

負けて……ショボン

……


「どうだった?」

「じぶんのところには、相手が打ってこなかった!」


あちゃ〜!やっちゃいました!kyu


これは、イコール負けたのは

”パートナーのせい!”

って言ってるわけで、なんとも聞いてる方も、そのパートナーを責めてるようでイヤな空気。


ここで、現役Aさまに登場願うと、

雲の上の人がどれくらいかはわからないけど、私がその立場で下の人と組む場合はその人のキラリと光るものをかう場合だろうなーベースラインでのフォアは絶対ビカイチとかね!
で、それを活かす努力を自分(私)がすると思う。




それを活かす努力を自分(私)がすると思う



そうなんだ!

パートナー狙いされていても、工夫する余地はあるってことだね〜(すげぇ〜)


よくよく考えてみたら、

パートナーではなく、じぶんが一球目を打つのは…

じぶんのサービスゲーム、

じぶんのリターンサイドのとき、


だから、じぶんでなんとかする余地はあるってこと…!

そもそも、そのパートナーと組んだのは、じぶんなのだから

なんとかせい!

ってことのようです!

”パートナーのせいで負けた!”は、禁句です!


「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2011年6月14日に加筆


ポチっと!で工夫を

人気ブログランキング


faceup_1.jpg
「田上庭球塾」ホームページ




  • 2020.08.28 Friday
  • 16:58

ペアリング

そうか!そうだったんだ!

JUGEMテーマ:スポーツ

前々回の現役”Aさま”のコメントの、

「うーん、私は、ペアでうまくいくのは個々のレベルが高く(これはA様の場合か)、また同レベルであることが基本だと思います。
その次にテニスが合うかどうか。」



そうか!そうだったんだ!

なんで気づかなかったんだろう?


<女子連テニス>ってなんで、

ペアであるパートナーのことを、

あーでもない!こーでもないっ!

って言ってんだろう?!

じぶんのテニスを、棚に上げておいて……。

な〜んて、あきれる部分も正直あったんですが……。




ペアでうまくいくのは、個々のレベルが高く(これはA様の場合か)、





D級、C級でうまくいくわけないんだ!

そうだよね!

下手っぴだもんね!

そりゃ、パートナーにも、文句のひとつやふたつ

言いたくなるのも当然だよね……!


あちゃ〜!なんで気づかなかったんだろう?!



下手っぴだから、ペアでうまくはいかない!がベースなんだ!



ヤバい!これでまた田上の頭は、

<女子連テニス>に染まってしまいました!(笑)


「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2011年6月13日に加筆


ポチっと!でうまくいく

人気ブログランキング

012.JPG
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2020.08.27 Thursday
  • 15:35

ペアリング

お応えします!

JUGEMテーマ:スポーツ


ikoさんからコメントいただきました!

うれしいです!

お答えします!ではなく

お応えします!なのは、

答えなんて(正解ってこと)ない!もんね……(あらあら)

ましてや、顔もみたことのないネットの世界ですからね……。


でも……

うれしいので、”お応えします”(みなさんもどんどん質問してください!無料です!どっかのゲームの宣伝みたいだね)


その”お応えする”証として、

すかさず、

「たがみ整体」に来てくれている、

わたしが信頼する現役”Aさま”に相談!(いつも勉強させていただいてます!”高いよ!”っていつも言われていますが…(汗))


間髪いれずに、来院してくださいました!(感謝!感謝!頼れるぅ)



さて、ikoさんのコメントです!


先生、こんばんわ。
縁があって雲の上の人とペアを組み女子連の試合に出ました。会場では県の代表クラスの人がペア様に次から次におしゃべりに来ました。それを見て私はビビリまくり。試合が始まったら、もう出来る事も出来なくなり、最後はルールも分からなくなる始末。もちろん撃沈。あまりのパニックにペア様も苦笑い。

試合後いろいろ教えてもらいました。試合の組み立てからポジションから…
ペア様のテニススタイルは私とは随分違います。教えてくれたことをやってみたい。私たちの場合理屈の対立にはなりません。でも何もかもが不安です。
今日味わった恐怖に近いプレッシャーをどうしたらよいでしょうか。全国レディースも目指すことになりましたが、一体感にはほど遠いです。

前回、先生は自分のテニスライフストーリーを作っていきましょうと、教えてくださいました。とても良い言葉で心に刻んでいます。テニスに集中したいのに、私のストーリーはボールと関係ない部分がとても難しいです。



ありがとうございます!

それでは、頼れる現役”Aさま”が、田上コーチに宛てたメールをご紹介します!




今日久しぶりに田上さんのblogを見て、そのコメント読みました!なんて返信するか楽しみにしてたのに…こっちに回ってくるとは…参りました(汗)

うーん、私は、ペアでうまく行くのは個々のレベルが高く(これはA様の場合か)、また同レベルであることが基本だと思います。
その次にテニスが合うかどうか。と、考えるとコメントの方は撃沈ですねショボンきついか・・アセアセ


雲の上の人がどれくらいかはわからないけど、私がその立場で下の人と組む場合はその人のキラリと光るものをかう場合だろうなーきらきらベースラインでのフォアは絶対ビカイチきとかね!
で、それを活かす努力を自分(私)がすると思う。
雲上人はコメ人の何をかっているんだろうか?コメ人がそれをわかった上で、努力するかしないか、がんばれるかどうか、ですね…



私も昔若い頃雲上人に誘われたときに、パニックになって、それでも結果はまあまあだったけど楽しくも何ともなかったkyu苦しいだけの思い出しかない_| ̄|○経験として無駄にはしてませんが。


まあ、話が合わないと(一方的だと)相当精神的にはキツイですよね。それでも頑張ってついて行くなら相当の覚悟が必要です。雲上人と組んだら『勝ったら雲上人のおかげ、負けたらコメ人のせい』は当たり前に言われます。そして、レベルが違う場合すぐに結果がでないとポイ捨てする人も多いですよkyu
お役に立てたかは疑問ですが、結局は本人が決めないと、ねDocomo88
明日整体に伺いますね手



ありがとうございます!わかりやすいねぇ〜!

でもこの”お応え”には、いろんなだいじなネタがありますね〜(しばらくこのブログのネタももちそう!)


これからもみなさんの”お悩みに”お応えしていきますからね〜!(って勝手にいっちゃって大丈夫??)

田上コーチの”お応え”は、次回に……。



「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2011年6月9日


ポチっと!でお応えして

人気ブログランキング
  • 2020.08.25 Tuesday
  • 17:33

ペアリング

ポジション臨機応変で

JUGEMテーマ:スポーツ


(前回のつづき)

前回見事に話がそれたけど、”トラの眼”

とってもとっても大事です!

映画「ロッキー3」は、”アイオブザタイガー”だもんね!

これがなきゃダメなんです!

観てないひとはレンタルしよう!っていうほどでもないです(ありゃりゃ)


フォーメーションって、なにかにこだわると、かならずその裏をかかれるというジレンマがあります。

そして、真面目で熱心な人ほど、コーチや先輩に言われた通りにやろうとします!


じぶんに合っているかどうか検証もなく……!


副作用として、

じぶんで感じようとしない!

じぶんで考えようとしない!

じぶんで対応しようとしない!


なので、田上は、


ポジションのセオリーはなし!

に決めました!


今までの、まずは、ロブ捨ててっていうのも、

前回のブログのように、

”トラの眼”を持ってもらうための手段にすぎないので……


いま気づいたけど、

けっこう

指導者って

指導する内容難しくしがちだよな……

って気づきました!


(うお〜これって凄い!気付きだあ!ヤバいね!また夜眠れなくなっちゃう!)


ホントにここんとこ

テニスがおもしろくっておもしろくって…

こんな時もあるんだな…感謝感謝!

話がそれるのも楽しいからに違いない!(ホントに〜??)


各自がじぶんで考えて、臨機応変に、試行錯誤しながらいいものを創っていってください!

もちろん、相手によって、上げたり下げたりしながら…。

相手次第だもんね。


逆にまわりのひとは指摘してあげる!

わたしだったらこうする!と。

指摘された方は、それを受け止めて、

手ごたえを感じたら取り入れてもいいかな!


手ごたえ感じたらだよ!

手ごたえなかったら無理にやらないこと!


衝動買いみたいなところがあるから…。(このたとえわかる??)

それから、指摘した人も

一回指摘したらあとは、放っておきましょう!

あなたとはちがうんです!


これをペアとのあいだで、すり合わせるのは難しいみたいですよ〜。

けっこう、内緒で相談受けますから……(べつに内緒にしたわけではないか)

あのね、理屈と理屈を闘わせると、やっぱり対立になるんだよね〜。

現状どうなのかを、まずは受けとめてあげないとね!

そうすると

こんどは”一体感”が生まれますよ〜!


「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2011年6月4日に加筆

ポチっと!で一体感を

人気ブログランキング

DSCF0815.JPG
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2020.08.23 Sunday
  • 12:31

ペアリング

トラの眼

コメントいただきました!

「捨てなければ得られない」という記事。

つめるのかロブケアでさがってるのか…。

縦割りなのか横割りなのか…。

という話題で、アクセス数が多い記事です。



はじめまして
ゆっくり読ませていただいています
女ダブはロブが多いので
常にロブケアーになってしまいます
平行陣で縦守りだとどうしても
サービスライン前後のポジションで
そこからどう仕掛けて決めに行くかだと思っています

ちなみに私はB2で堀口コーチと一緒です
下がります・・・




happy treeさんありがとうございます!

会報
そのこたえが写真のなかの「田上塾」の塾生向け会報の見出しです!

これは、6月号で明日から塾生に配られるもので、まだ誰も読んでいないものですが、

ちょうどコメントをいただいた話題だったので出しました!

セオリーなしっ!

……です!



今週月曜日に田上がじぶんの考えを決めました!(まだあつあつ!)

いままでの田上の考えは…

まずは、ロブを取ることを捨てて、センターの甘いボールを積極的に取りに行け!

ということを、特に「桑名杯」レベルの方には、強調してやってきました。



この考えのいいところは、おまけとして、

ボールを呼べる!

さあ!来い!


という意識がつくれるからです。



田上は、はっきりいって見かけ上のポジションは、おのおのすきにやったらいいんじゃないの?

というスタンスです!


ですから、happy treeさんのお考えそれでいいんじゃないですか。

ってとこです。

ただ、気になるのは、

常にロブケアーしている

というところです。



これって、ボール呼べます?

あ〜あ、すみません!

野球で守っているときに、

「じぶんのところへ飛んで来い!」と

声を出すことを、”ボールを呼ぶ”とかいうんですね。

なんせ、ダブルスどころか9人で守っているので、

さあ!来い!って声出してないと、いざじぶんのところにボールが来た時に動けない!一歩目が遅くなる!

要するに、

ボケっとしちゃうんです!


これとおなじことが2人でやるダブルスですが、どうもあるように観えるんです!



サービスライン前後のポジションで
そこからどう仕掛けて決めに行くかだと思っています



このことをやるのに

常にロブケアーの意識状態では、やりにくくはないでしょうか?


見かけ上の実際に立っているポジションは、ロブケアーの後ろめ、Bタイプでもあるわけだし…

いいんだと思いますが、

気持ちが、意識が、攻めモード

さあ!来い!

がつくれてますか?

ってことです!



ロブケアーしてれば、とりあえず、無難なんです!頭越されませんから…。

安心ですよね!だから安心をとっていただいてもいいのですが…(さっきから”いいんだ”っていいながら)


要するに、

ボケっとしちゃいませんか!


ボ−ルが飛んできてからで間に合いますもんね!

そしたら、相手がどこ打ってくるのかというような”読む”ってこともしなくていいですよね。

だから、”読む”直感力も鍛えられにくいと思います。


要するに

ボケっとしちゃうんです!


いままで、たくさんの生徒さんを観てきて

強い方は、

”トラの眼”

を持っているんです!


まさに獲物をすきあらば狙ってやる!といわんばかりの”眼”ですね!


強い方に試合前に接すると

ただ色が黒いとか

おなじラケット3本持ってるとか

キネシオ焼けしてるとかじゃなく…(うわ〜これ以上言ったらしばかれる!(笑))


強い人の独特のオーラみたいのを感じたことがあると思います。あれですよ!あれあれ!

このブログの検索ワードによく

「女子連 こわい」ってのがけっこう入ってますからね…(笑)



この”トラの眼”を養うのに、ロブを捨てると養いやすいんです!

捨てるといっても、大丈夫です!心配しなくても捨てられませんから、そんな惜しくて惜しくて…(笑)



でもその逆で、

ロブケアーしているときの、

センターの甘いボールは、

逃しても惜しくないはずです!

なぜなら、

パートナーが取ってくれるからです。


だから、本来”トラの眼”を持っている人なら、

迷わず飛び込んでくるボールに対し、

飛びこんでこない!


まだそれでも、いけたかな〜

なんて思う人は脈ありなんだけど、

ぜんぜん脈がないひともいらっしゃいます。このひとに”トラの眼”を持っていただくのは、けっこう難渋するんで

す。


これは、大会前の「ペア練習」すると、こっちに伝わってくるものなんです!

やっぱり、”トラの眼”を持ってるペアだと、こっちも自然と気合はいりますよ!だってやられちゃいますもん!



これはコーチやってる肌感覚みたいなものなんですけど、これがないとダメって気がするんです!

そんなことをグループレッスンじゃなく、大会前の「ペア練習」を指導したりするとわかるんです。


だから、けっこうみなさんポジションやフォーメーションで

あーでもない!こーでもない!ってやってますが、

”トラの眼”を識っちゃっているわたしからすると

ちいさい!ちいさい!



それで、ポジションうんぬんいってるペアにかぎって、そんなことに意識を奪われているから、”トラの眼”ないん

です!


(話が”トラの眼”になっちゃった!つづきます!)


「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2011年6月2日

ポチっと!呼んで

人気ブログランキング

DSCF0816.JPG
毎月手書きの「会報」出してます!田上はアナログです!
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2020.08.21 Friday
  • 16:56

ペアリング

そうそう変わらない

JUGEMテーマ:スポーツ


昨日のブログ「修正できればいいですね……」

ってありますが、

まずできません!(ありゃりゃ)

”癖”になってるんですから、まず直らないと思ってください!

なので、

パートナーであるあなたが、ペアさんの傾向、癖をよ〜く識って、

対策、対応するってことになります!

「もう!ウチの相方ったら、全然いうこと聞いてくれないの!」

な〜んて、愚痴をこぼすくらいはいいでしょうけれども、

本気で悩んでしまったら、もったいないです!

だって、そうでしょ!

もう何年生きてきてるんですか?何年テニスやってるんですか?

って話なわけです……。

パートナーに言われてすぐ直るくらいなら、

とっくに変わってるでしょ!


変わるきっかけにポチっと!

人気ブログランキング

DSCF0797.JPG
「田上庭球塾」ホームページ

<塾生の声>
・田上塾のレッスンには、長所はいろいろありますが、特に1つ、と言われたら…
 そのレッスン生に合った指導がある点だと思います。
 なので、同じショットでも、生徒によってポイントが違います。
 そして、言葉を変え、見方を変え、根気良く(私自身は申し訳ないほど、なかなか出来ないので)、のコーチングがあります。
 やっとそれが自分のテニスにはまった時は、やった、と感じます。
 まさに、はまった、という感じ、なんです。
 そして、そこで、楽しい、と思えて、それがまた次の力になっていきます。
 コーチ、いつもありがとうございますm(__)m
  • 2019.09.19 Thursday
  • 16:06

ペアリング

やるべきこと

JUGEMテーマ:スポーツ


まずは、安定して入れ続けてくれないと、ちょっとやりづらいものです!

あなたが、やるべきことより、やりたいことをしたいと思っているように、

ペアさんもまた、同じようにやりたいことがあるからです!

なので、

まずやるべきことは、

入れ続けること!

そのうえで、

やりたいことができる!

やりたいことがまだ未完成で、発展途上のミスは、

どこまで許してもらえるかは、

ペアさんの器次第!



やるべきことはポチっと!

人気ブログランキング


DSCF0738.JPG
いよいよ来週スタート!
「田上塾」スポットレッスン<秋の陣>

9月24日(火)〜12月26日(木)

(月)(火)(木)(金)
13:00〜14:30
3名か4名
¥2500

・2名で1時間レッスン
13:00〜14:00
¥3000


「田上庭球塾」ホームページ



<塾生の声>
・好きで通っている理由は、ショットの確認ができて、常に挑戦できる場所だからです!

・ペアとの悩み事にも、的確なアドバイスくれます。

・田上コーチは、いつも機嫌がいいです。

・誰にでも平等に接してくれます。

・レッスンは、とても楽しいです。
  • 2019.09.17 Tuesday
  • 23:25

ペアリング

反対側を拒まない

JUGEMテーマ:スポーツ


理論派と感覚派いますね!

理論派!

理は、上達にとってとっても大事です!

”有理努力”ってことです!

根性!根性!ど根性!ってのは、”無理努力”ですね!

でも、理に偏りすぎると、無理が出てきます!

やるのは、あなたの身体だからです!(ごめんなさいね!若くはない!)

戦術なんて突き詰めていったら、煮詰まってしまいます!(ろくにショットも打てないくせして(重ねてゴメン)


感覚派は、個人差があるでしょうし、波があるでしょう……。

研ぎ澄まされた感覚で、ドンドンものにしていくのか!

チコちゃんばりに「ボーと生きてんじゃねえよ!」は、紙一重です!


じぶんがどっち派なのかを識り、

その派をベースにしながらも、

反対側も参考にしていくことが大事かな……。


どっち派もポチっと!

人気ブログランキング

DSCF0797.JPG
明日はゲーム会”塾生祭”「田上庭球塾」ホームページ
  • 2019.06.19 Wednesday
  • 09:52

ペアリング

共有する

JUGEMテーマ:スポーツ


ペアを組んだ2人が、

テニスに対して、

おんなじ考え方をもったり、

おんなじ取り組み方ができるわけではありませんね……。

ペアだから、2人で共有する!

な〜んて、言ったりしますが、

2人で、おんなじにする……ってのは、無理があります!

もしも、仮におんなじにできたとしたら、

どちらかが、相当妥協して、相手にあわしているってことでしょう……。

妥協しないとすると、ケンカになっちまいます!


……なので、

共有するってのは、

どっちかひとつにするのではなく、

わたしは、こう思う!

へぇ〜ペアさんはこんなふうに思うんだ!

ふーん!そんな考えもあるんだ!

と、受け留めることができれば、

あなたの器がちょっとだけ拡がったことになります!


おたがいが、おたがいを認め、尊重している!

おたがいの良さとして、引き出させようとしている!

こんなことができたとしたら、

ペアとして”共有できている”といえるのでしょう……!


ポチっと!で共有できる

人気ブログランキング


「田上庭球塾」ホームページ
  • 2019.06.18 Tuesday
  • 18:17

ペアリング

No!を言う

JUGEMテーマ:スポーツ


ペアさんとの関係で、

関係を良好に、だいじにだいじに……

マジメなひとほど、ブチぎれやすいもんです!

それは、

小さなNo!

が言えないからです!


No!が言えない分、踏ん張っている!我慢している!

そして、耐え切れずに、ブチ切れちゃう!


No!をいうのには、

勇気がいります!プレッシャーがかかります!

Yes!は誰でも言えます!

キレないためには、

できないことはできない!したくないことはしたくない!

とハッキリいうことです!

このことで、テニスだって強くなります!


もちろん、

ただ

No!をいうだけでは、即解散!でしょうから、

やっぱり、

そのNo!の言い方、タイミング、代替え案を工夫することが必要です!

これによって、コミュニケーション力が鍛えられます!


ブチ切れそうになったら、

なんとか伸ばす!つぎ足そう!


ブチ切れる前にポチっと!

人気ブログランキング


DSCF0782.JPG
スポットレッスン参加者募集中です!
「田上庭球塾」ホームページ


  • 2019.02.19 Tuesday
  • 16:01