Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

<女子連テニス>概論

勝ったから自信→自信があるから勝てる

<女子連テニス>シフト変換キーワード その12は、

勝ったから自信⇒自信があるから勝てるへ



もちろん、勝ったから自信がつくのですが、

”最初の一勝”が、自信がないと、なかなか産まれないわけです!

あなたが、

実際の試合の現場で、対戦相手が、

「見るからに自信ありそうな人」と、

「見るからに自信なさそう人」がいたといたら、

どっちのほうが勝ちやすいと思いますか?

……なので、

ある程度の”勝つ味”を覚えるまでは、”自信ある人”を演じないと、いけないのです!

言葉、態度を”自信ある人”のように選んでいきます。


言葉は、

”事場”っていうくらい大事なもので、発した言葉のとおり、

出来事が起きる場ができます!

言葉が先なんですね!

そんなぁ!

勝ったこともないのに、自信があるように振る舞えません!

誰でも、

最初の一歩目があったわけです!

いま、どえらく強い先輩にだって、”超初心者”のときがあったわけです。

駆け出しのお医者さんだって、

”きょう初めて注射するんだ!”っていうオーラを出しまくりでは、

患者さんも、じぶんの身体を預けにくいわけで……。

手慣れたお医者さんの態度をとるわけです!

そこまでやって、患者さんの前に立つわけです!

そうでなければ仕事にならないのですね!

それとおんなじで、自信なくったって、自信ある態度をとらなければ、試合にならないのです!

ホントは自信ないのだから、矛盾してるじゃないですか??

いいえ!

最初からハッタリ、嘘をついてるのですから矛盾してません!(笑)

演じているだけでいいんですから……嘘じゃありません。

”勝つ味”を覚えるまでは、演じ続けます!

”勝つ味”を覚えてしまえば、

負けたときに自然と”悔しさ”が生まれるようになり、

次のモチベーションが、高いものになります!

だから、

とにかく、”最初の一勝”が大事なのです!

この味を識らなくて、

勝つために、あーでもない!こーでもない!と言っててもしょうがないのです!

食べたこともない”お料理”を

”こんな味”かしら〜”あんな味”かしら〜と想像してるようなもんです!

食べるしかない!食べたらわかるのです!

だから、

勝つためにはどうのこうのっていうよりも、

勝てばいいんです!

勝てばわかるんです!

勝つまで練習するんです!

勝つ前にいろいろ理屈が出てきちゃうと、

理屈通り出来てない!ということになって、

かえって理屈が邪魔になるんです!時間がかかってしまうのです

JUGEMテーマ:スポーツ





DSCF0738.JPG
無料体験レッスン実施中!「田上庭球塾」ホームページ
  • 2018.09.04 Tuesday
  • 12:48

<女子連テニス>概論

じぶんを出す→ペアを生かす2

JUGEMテーマ:スポーツ



うまい騎手は、できるだけ馬の負担を少なくして、勝たせます!

ダブルスでも、

強い人ほど、ペアさんを伸び伸びとプレーさせるようにしています!

「ミスするな!」って否定的なアドバイスはしてはいけません!

現に現われてる症状は、

ペアさんだって、

「わかってるって!」

でも、どうしたらいいか?がわからないのよ……

ってことでしょうから、

原因を考えて、対処の仕方をアドバイスする……

「ネットするな!」ではなく、「しっかり振り切ろう!」とか……。

ありがちな話ですが、

こういった技術そのもののアドバイスは、

まず、うまくいきません!

…なので、

できるだけ

”打ち方”を忘れてもらおう!

こだわらずにいこう!

ということで、いいかと思います。

もし、アドバイスするとしたら、

ミスが続いたりすると、迷いが生じたり、自信が揺らぐので、

次、なにをするのか!

を、明確にペアで共有することに徹しましょう!

「フォアサイドの人にロブ上げたらダメじゃん!」ではなく、

「バックサイドの人にロブ上げようか!」とか……。


ただ、ペアさんのミスする原因が、

”極度のプレッシャー”

によるものだとしたら、

ペアさんのあーでもない!こーでもない!は、

かえって負担になり、追い詰めてしまい、

3対1状態をつくってしまうので注意が必要です。

この場合は、フェンス越しのお友達のアドバイスの方が、救われやすいです!

…なので、チームで大会に取り組むと勝ちやすいです!心強いもんね!


DSCF0738.JPG
無料体験レッスン実施中!「田上庭球塾」ホームページ
  • 2018.09.03 Monday
  • 11:27

<女子連テニス>概論

じぶんを出す→ペアを生かす

<女子連テニス>シフト変換キーワード その11

じぶんを出す→ペアを生かすへ




シングルスではないので、

ペアリングが、うまくいった時のダブルスの”勝ち”は、

シングルスでは味わえない良さがありますよね…!

そんなダブルスならではの”良さ”を味わうには…?

よく、

”騎手と馬”の関係に例えられます。

ペアさんという”馬”に乗る”騎手”があなたです!

まず、

”馬”が走りやすいようにしていくのが、騎手の役割ですね。

ペアさんのミスに関しては、

「なんでミスするの?」とは言わずに、

調子を上げるための過程なんだと”許す”が基本になります!

伸び伸びとさせていく!

否定的なアドバイスはしない!

じぶんよりもペアさんを調子づかせての勝利が、ダブルス冥利に尽きる!

そんな考えをもつとダブルスならではの”良さ”を味わえるのではないでしょうか

JUGEMテーマ:スポーツ



DSCF0738.JPG

無料体験レッスン実施中!「田上庭球塾」ホームページ
  • 2018.09.01 Saturday
  • 16:57

<女子連テニス>概論

じぶんのすること→相手のすることを読む2

JUGEMテーマ:スポーツ


球出しではうまくできるんですけど……。

って、みなさんよくいわれますが、

球出しだと、ボールが、軽くて打ちやすいということもありますが、

どこにくるのかが、前もってわかってるということも大きいですよね!

…ってことは、

どこにくるかがわかることが、

次のショットの成功率を 上げてくれる大きな要素になるわけです!

1ショットの威力が大きいと、

それだけでくるところが限定されるので、

また次のショットも、打ち込んでいけるというプラスのスパイラルに入れるんですね!

残念ながら、

1ショットの威力がない方は、

相手にどこに打たれちゃうかは、わかりません!

…なので、

それこそ、じぶんのショットがどうなったかよりも、

相手がどこに打ってくるのかを読んでいかなければ、

次のショットの成功もままならないのです!

ココダケの話……

よく先輩コーチが、

「みてたらわかるでしょう??次、どこ打ってくるのかが……」

きっと、その先輩コーチの球の威力が、人並み以上なんですよ!

だから、どこ打ってくるのかがわかるんですよね!きっと!


きっとポチっと!してくるはず!

人気ブログランキング

012.JPG
無料体験レッスン実施中!「田上庭球塾」ホームページ
  • 2018.08.29 Wednesday
  • 10:47

<女子連テニス>概論

じぶんのすること→相手のすることを読む

JUGEMテーマ:スポーツ


<女子連テニス>シフト変換キーワード その10

じぶんのしたいこと→相手のすることを読むへ



スクールの球出し練習では、

”こういうことを意識して打ちましょう!”

と、じぶんのフォームの事を意識させながら打たせてくれます!

<相手のすること>は、

球出しでやさしいボールを出してくれて、意識せずに、おかまいなしでも打てるように設定されてます!

だから、じぶんのフォームを意識できるのですね!

打ちあい(ラリー)でも、

相手の方が、あなたにミスさせないようにという意識で、打ちあってくれたら、まだ<じぶんのすること>を意識し

ながらでも打てるかもしれません!

これが、試合になり、相手があなたにミスさせよう!ということになると……

もう無理です!てんてこまいです!

……



だからさ…

さらにそれに抵抗しようとするのではなくって、

逆に、いっかい、<じぶんのすること>をほったらかしで、打ってみてくださいよ〜!!

思いのほか、うまくいくことが味わえると思います!

<相手のボール>を深〜く味わってみてください!

といってもあっという間でしょうけども…。

<じぶんのすること>”出力”を意識するのではなく、

<相手のすること>”入力”をもっと深めてみる!

…なんていうと、

またあたまで考えちゃう人がいるかもしれませんが、”ただ観てればいい”んですよ〜。


その”入力”の質が高まると、

その”反射”として、自然と勝手に”出力”の質が高まるようですよ〜!

”自然と勝手に”っていうのが、

女性たちのあこがれの…

なめらかで、

ムリ、ムダのない、

しなやかな

美しいフォーム

となるわけです!


相手のポチっと!を読む

人気ブログランキング


DSCF0712.JPG
無料体験レッスン実施中!「田上庭球塾」ホームページ
  • 2018.08.26 Sunday
  • 10:45

<女子連テニス>概論

じぶんのしたいこと→相手の嫌がること2

JUGEMテーマ:スポーツ



このことは、試合後のインタビューでよくわかります!

試合に強いひとは、
じぶんのプレーがどうであったか?を単独では話しません!
かならず、相手との関係をからめて話します!

逆に弱いひとは、
相手がどうだったか?は、ほとんど出てきません!
じぶんができた!できなかった!ってことばかりです!

ここで、そうはいっても、じぶんのボールがコントロールできなければ、元も子もないじゃないですか!…って話になりがちですが…。

そうです!そのとおりです!

ですから、相手を意識しなければならないのです!

ひとは”目的”があったほうが行動しやすいのです!

このショットは、”なんのため”に打っているのか?がないと、ボールをコントロールしにくいのです!

試合に強いひとは、ペアさんが”目的のないショット”を打つのを嫌います!
じぶんがなにをしたらいいのかがわからないからです!

相手をこうしたい!相手にこう打たせたい!
だから、このショットをここに打つのです!
っていうのが、はっきりしてるほど、しっかり打てるわけです!


弾まないオムニコートで、習ったばっかりのスピンサービスを打って、

「あっ!なんとか打てたけど、サービスラインよりもなかで、1stボレーできなかったから、ハーフボレーミスっちゃった!でもちょっとはスピンがかかって満足で〜す!」

いやいや、大して跳ねてないから、ちょうど打ちごろになっちゃって、打ちこまれたから、1stボレーミスっちゃったんだよな…
……てなことに気づかなかったりするものです!


ペアさんがポチっと!したいってさ

人気ブログランキング

SN3D0104.JPG
無料体験レッスン実施中!「田上庭球塾」ホームページ
  • 2018.08.25 Saturday
  • 14:57

<女子連テニス>概論

じぶんのしたいこと→相手の嫌がること

JUGEMテーマ:スポーツ


<女子連テニス>シフト変換キーワード その9

じぶんのしたいこと→相手の嫌がることへ


テニスは、

相手が待っているところに、いくら”いいショット”を打ってもダメなわけです!

逆に、”ショボイショット”でも、相手の逆をつけばエースになるわけです!

”最新理論ショット”でも、相手のいるところに打っては、返されてしまいます!

”グリップ厚くて打点低すぎて、球に威力はないのだが、かえって滑ってくるようで、叩きにくいサーブ”

みたいなショットのほうが、相手にとっては嫌だったりします!

こうやって、文字にすると、

”そりゃそうだわな!”なんですが、

多くの”試合に弱い”っていうひとは、ここを理解してません!

相手の裏をかくのがテニスなんです!嫌がられる事をするのがテニスなんです!

”じぶんのすることを磨く練習”と
”相手の裏をかこう!何をしたら嫌がるだろうという練習”

あなたの練習は、この2つの練習の割合はどうなってますか?


相手の裏をかいてポチっと!

人気ブログランキング

DSCF0738.JPG
お盆明け再開!「田上庭球塾」ホームページ

  • 2018.08.24 Friday
  • 10:53

<女子連テニス>概論

足し算→逆算割り算へ5

JUGEMテーマ:スポーツ



割り算は、
最後を強く意識すると、それまでが”濃くなる”ことを利用したものです!

毎日、テニスが楽しくって楽しくって……
なんて、過ごしていたら、あっという間に、こんなに歳とっちゃった!(あせ)
…が現実です!

毎年毎年、一年が早くなる気がする!
……なんてことをやってるうちに、
テニスは楽しくってよかったんだけど、
じぶんの心に秘めている”目標”は、達成できてない!(泣き)

まっ!楽しめたんだからいいかっ!
って方がほとんどです!


まっ!いいか!
とも思います!悪くはないですよね!
……ただ、なんとなく、ここまで来ちゃたかな?
というのも、ちと、悲しい…。

なんてことにならないために、
”割り算”します!

最後を決めます!
オリンピックの選手の、”東京2020までがんばる!”みたいな…。

ひとは、ゴールがあるから,がんばれます!
締切があるから、半ば強制的に仕事を終わらせます!

さだまさしさんも、「曲作りの”秘訣”は?」と聞かれ、
「締切!」
と答えてました!


大会は、なんでもいいでしょうけど、
たとえば、「3年後の”ランク大会”まで」
と決めて、やりきったら、”次”にも進みやすいと思います!
納得いかなかったら、”もう1セットおかわり”したっていいんですから……。


ポチっと!は永遠に

人気ブログランキング


DSCF0737.JPG
「田上庭球塾」ホームページ

  • 2018.08.06 Monday
  • 16:06

<女子連テニス>概論

足し算→逆算割り算へ4

JUGEMテーマ:スポーツ


”卒業する!”とか、

<目標>をもって、日々努力して、そのことそのものが、たのしいし、日々生き生きできて、素晴らしい!

こういうのを否定しませんよ〜!素晴らしい!と思います!普通ですよね!

でも、この日々の努力が”卒業する!”っていう<目標>にとどくかどうかは、別問題です!

もちろん、とどくこともありますし、努力してるんだから、「そのうち……」ねぇ…。

期待しながらすすめていくって感じでね…。

現実は、とどくまえに、環境が変わって、とどかないことが多いです!

そう!

ここが、<女子連テニス>のややこしいところで、

テニスをやるまわりの環境が変わっていったり、

じぶんのテニスできる状況が、変わっていってしまうのです!

技術の課題をこなしていくために、

”練習すればいいじゃないですか!”

なんて、コーチはあっさりいうのですが、

あっさりできるくらいなら、こっちも苦労しませんよ!

っていいたいですよね!

(スンません!たがみもいっちゃってますけど…)

練習するためには、

「時間」
「お金」
「体力」

この3つをそろえたいのですが……

なかなか、3つはそろわないものです!

この課題を”工夫する力”が必要です!

やりくりする力!

テニスの技術と同等に大事なような気がします!


ポチっと!は工夫いらず

人気ブログランキング

SN3D0104.JPG
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2018.07.25 Wednesday
  • 09:45

<女子連テニス>概論

足し算→逆算割り算へ3

JUGEMテーマ:スポーツ


”卒業する!”って決めてしまえば、それに沿った決断がしやすくなります!

たとえば、

この大会にエントリーすべきかどうか?

大事な大会前にレッスン受けようか?

それとも、ペアさんと一緒にペアリングを深めるために、練習会に顔を出そうか?

こんな迷った時も、”卒業する!”って決めていれば、

そのためには、こっちにしよう!って選べます!

ぺアさんとのギクシャクも、ペアリングを深めるうえでは、必要なことですね…。

そんなギクシャクも”卒業する!”って決めてれば、

”おおぅ!来たな!”って”想定内”の出来事になります。あたふたしにくくなります。

「過去から未来へ」時間をとらえるだけでなく、

「未来から過去へ」とらえることで、トラブルにも対応しやすくなりますし、

中間地点で、”まだここまでしかできてないわ〜”なんてチェックもしやすくなります!

じぶんの実力を上げるために…、
ペアリングを深めるために…、
本番当日にピークに持っていくために…、


いまなにをすべきか?!

このマネジメントがとっても大事です!

卒業した先輩のなかには、

マネジメントが、とっても上手なひとっていますからね……。

そういったひとにアドバイスをもらってくださいね。

大概、仕事していたりして、時間に制約があるひとのほうが、やりくり上手ですね!

湯水のごとく、練習できれば勝てるかというと、

そういうもんじゃないっていうのが、<女子連テニス>の定説です!

レッスンとか一生懸命なひとは多いですが、マネジメント力もかなり重要ですよ〜!


ポチっと!もマネジメントしてね!

人気ブログランキング

DSCF0738.JPG
暑い中でもがんばっています!「田上庭球塾」ホームページ
  • 2018.07.20 Friday
  • 16:01