Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

上達のコツ

「ごめん!」をいわない

30年前、「スウェーデンテニス研修」に行ったときに、

ビヨン・ボルグに

「あなたが世界チャンピオンのときに、相手は全員格下になるわけですが、どのように練習されるんですか?」

と、質問しました。

ボルグは、

「ラリーするときに、相手を振り回してしまうと、返ってこなくなるので、自分が打つ時は、相手の所へ返す。

逆に、相手が、どんなに自分を振り回しても、必ず追いつき、返す。

特に、アウトボールでも、相手の所に返そうと心がけた。

そうしないと、すぐにラリーが途切れてしまい、練習にならないんだ。」

と、答えてくれました。

「田上庭球塾」でも、ラリー練習のときには、一本でも多くつなげられるように、心がけていただきます。

ラリー練習でつながらなければ、練習にはならないですし、

とにかく、練習中は、一回でも多くボールを打ってほしいからです!

そういったなかで、

今度は、ミスすると即座に、

「ゴメンネ!」という方がいます。

本人は、単にクセになっているんでしょうが……。

 うるさいのです!

 せっかく集中してたのに…


「バックにいってゴメン!」とか、

「あーなんだかうまくいかない!引きがどうのこうの…」みたいな。

マナー的なところもあって、本人も無意識で、口に出てしまっているところは、あると思うのですが……。

せめて、単語だけにしていただきたいな……

「アホ!」「ぼけ!」とか

 コラコラ、文章話すな!センテンス!センテンスは禁止!

まわりの集中の妨げにならんように、お願いします!

なにより、あなたの集中にとっても……



「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2010年8月20日


人気ブログランキング


「塾生の声」

それは、一人で行った練習会でのことでした。

対戦相手が打った超エース級のショートクロスを、

超超エース級のショートクロスで返し、

なんと、ノータッチエース!!

「オ〜!!」という歓声も起きて、

自分でもビックリしましたが、そこは、女優?!

何事もなかったかのように、ポジションにつき、

心の中で、今の凄かったなぁ!と思っていました。

終わってから、

あのショートクロス、どうやって打ったんだろう?

いつもレッスンで打っている2つの方法のどちらかなの

だろうけど、

”考えても思い出せない”

でも、その時思いました。

コーチがいつも言ってることは、コレなんだ!……と。

自分が考えてそうしようとした訳ではないのに、

自然にそうなってた!

そして、この1本の喜びが、私をちょっと変えました。

レッスンで習うアレコレ沢山のショットを、

出来なくても、へっちゃらで打っています。

いつかまた、このショットを、生きた球で打ってる自分に会えるかも☆彡

そんな楽しみ方をしています。

出来なくて嫌だな!とか、

球出しで出来ても意味ないとか、

そんな事を考えていたら、もったいない。

田上レッスンを受けていれば、

いつかきっと、

キラキラショットに出会えます。

それは今日かも?

ちょっと先かも?……楽しみですね。


(柏市在住 Yumekoさん)

無料体験レッスン実施中!
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2020.06.03 Wednesday
  • 09:28

Comment
Send Comment