Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

田上庭球塾

ノムさんの練習の目的

JUGEMテーマ:スポーツ

野球の野村さんは、練習の目的として、4つあると記されています。

|地〜くりかえしくりかえし練習することによって、磨きをかける。身体にしみこませる。

⊇得〜新しい技をおぼえる。

修正〜身につけてしまった、悪いくせを直す。

つ汗亜岨邱臍阿膨柑劼鬚△欧襦



テニスレッスンで、この4つをとらえてみましょう。

<グループレッスン>では、コーチが提示する”新しい技”を<習得>するかたちがあります。

コーチのほうから一方的に”こうしなさい!”という場合があるので、

吸収しにくいものは、コーチとよく相談してみてください。

あなたにとっては、あまり必要のないものなのかもしれません。

<習得>して、ひな型ができたら、それを身体に覚えこませる<鍛錬>が必要になります。

「田上庭球塾」では、

この<習得>と<鍛錬>のバランスを、

従来のテニススクールの<習得>:<鍛錬>=7:3くらいを

逆に3:7にしようと心がけています。

<修正>は、時間がかかることなので<プライベートレッスン>が適しています。

中途半端にやると、ごちゃごちゃに崩されてしまっておしまい!という感じで終わる場合があるからです。

<調整>は、試合前などに”とにかくボールをさわっておきたい!”というものでしょうから、

コーチ付きで<修正>されてしまったりすると、調子をピークにもっていけなくなります。
(次回につづく)


「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2011年1月14日


ポチっと!は、10:0

人気ブログランキング

012.JPG

「鍛錬」 5  「習得」  3 「修正」  2 くらいの割合で「グループレッスン」してます!
……が、9年前!
今では、<修正>の概念自体をなくしました!
じぶんの打ち方をしっかり持ちつつ、新たな打ち方を増やす!
10年やっていたら修正は困難です!
生徒さんもわかっています!
それじゃぁそのまま尻すぼみ……になってしまうので、
グリップにこだわらず、あらゆる打ち方にトライする!
そこが”可能性”ですからね……!

「田上庭球塾」ホームページ
  • 2020.07.22 Wednesday
  • 09:11

Comment
Send Comment