Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

<女子連テニス>概論

パワー→コントロールへ

JUGEMテーマ:スポーツ


<女子連テニス>シフト変換キーワード その4は、

「パワー→コントロールへ」

最初から

「”打てるひと”は決まってる」

この常識を破ったひとに、まだ出くわしてないので…。

もちろん、レッスン時にそんな”偏見”をもたないで、とりくんでいるつもりです。

<女子連テニス>の世界で、

「あのひと、急に球のスピード速くなって、強くなったわ!」

という話を聞かないので…。

まぁたまたま聞いてないだけかもしれませんが…。

”打てるひと”=”強打できるひと”ってことですね!

そのひとが、スマッシュすると、思わず腰が引けて、逃げてしまうような……。

元から、体力があるのか、

バレーボールのアタッカーだったとか……そんな背景もあったりするもんですが…。

一昔前までなら、そんな解釈でしたが、

いまでは、

30〜40歳代のテニス部だったひとは、しっかりストロークできますからね!

パワーテニスの波は、やっぱり押し寄せてはいるようです!


テニスは、能動的よりも受動的。”打っていく”というよりも、”打たされるもの”

という流れに乗って行きながら、

スピードが出ちゃう人は出せばいいし……。(あこがれちゃう!)

でも、

出ないひとが”出そう”と無理をしては、もったいないと思うのです!

ミスするリスクはもちろん、

余裕を多少は、もったなかで、かけひきや読み合い、外し合い、をすることのほうが大事だと思います。

そして、そして、

”出そう”としてる方には、申し訳ないのですが、

そんなリスクを背負ってる割には、”しれてる”ことが多いようです。(ゴメン!)

これは、テニス観に基づいてるところが あるので、

そんな風に観えてしまうということがあります!(色眼鏡ですね)

そんなことはないわ!打っていって何が悪いのよ!

っていうかたは、どうぞ打ってくださいね!(どっちやねん??)

”打っていくぞ”と、前提意識が変わるだけでも、スピードが出るものですから…。

たがみコーチが申していることも、”つなぎ”前提だからなのでしょう…。


ポチっと!打っていこうぜ!

人気ブログランキング

DSCF0738.JPG
入らなきゃダメ!でも入れにいくはダメ!
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2018.06.27 Wednesday
  • 11:11

Comment
Send Comment