Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

上達のコツ

目的はなんなのか? 

 「フォームがよければ、おのずといい結果がでる」
 
果たしてそうでしょうか?

たとえば、

同じフォームで打っている人が二人いたとして、

うまくいく、うまくいかない……

分岐点のひとつになるのは、

そもそもの目的を見失わないこと!

そう!

ボールをどこへどう飛ばすのか?

ボールのフライトイメージを、しっかりと持つことではないでしょうか。



 打ち方を完璧な形で覚えたとしても、それを繰り返さなければ、確率はあがりません。

最初は誰でも確率は低いのです。
 
 その時に、2通りのパターンが考えられます。

 A.フォームが違うのだと思い、またいじくりはじめる。

 B.違う!と忘れ、本当はこんな具合にボールを飛ばしたいのだと、理想結果をもう一度イメージする。
 

 もし、

フォームが良いものだと、仮定したならば、

Bパターンは、打ち続けるごとに確率はあがっていくのではないでしょうか。


逆に、

 Aはキリがない!

また、スクールを渡り歩くでしょう!

それから、ラケットも変えてみるかもしれません!

しまいには、

風がある、コートのバウンドが合わないとか言うのではないでしょうか!


これは、前回のブログの「病気が趣味」という人に似ていませんか?

 そんなつもりでなかったのに、いつのまにやら、手段が目的になってしまって、目的を見失ってしまった。

だから、目的を達成するために手段を磨くのはいいのだが、

目的を見失わないということが

大切になるということになるのかな。


 テニスの本質は、テニスというゲームをして勝つことにある。

そして、ボールを、どこへどういうふうに飛ばすのかが問われているスポーツ
 

ということを、

常に見失わないようにすることが大事です。

 
そんなことを言うと、

「じゃあ!フォームなんてなんでもいいんだ!勝てばいいんでしょ!」

という方が出てきそうですが、

 スポーツの本質は、そのスポーツをすることにより、人間性を磨くことにある

という答えでいかがでしょうか…。


「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2008年9月17日


ポチっと!を見失わない

人気ブログランキング

ただいまレッスン自粛中!
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2020.05.05 Tuesday
  • 20:05

Comment
Send Comment