Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

上達のコツ

ミスしてもいいから…はダメ!

 「ミスしてもいいから、こうやってみて」は、

テニスレッスンにおいては、コーチの常套句だったりするんだけど、

これは、試合には結びつきにくいのです。


もちろん、

フォームの矯正や、新しいテクニックを身につけるためには、必要です。

しかしながら、

一般テニス愛好家の場合、そのレッスンの後、練習する機会がないことのほうが、多いので、

やりっぱなしの中途半端になるわけです。

「ミスしてもいいから、こうやってみて」は、

他の世界に置き換えれば、

「転んでもいいから、自転車こいでみて」とか、

「事故起こしてもいいから、車運転してみて」

というような言葉と、極端に考えれば、同じかな…。


誰も怪我してまで、自転車乗りませんし、死にたくないから、車そんなに飛ばせませんね…。


そうです!

「テニスでのミスは、車の運転でいえば、事故ってしまうのと同じなのです」

だから、形がよくなっても、ミスでは無意味なのです。

そのことを、本能的には、わかっていることなので、自信にならない!

だって、結果がでていないのですから…。


いまは形をつくりました…あとは打ち込んで、入るようにしておいてください!

それで、打ち込める人は、いいですが、大方、そんな機会をつくれないで終わってしまうのではないですか?


いいコーチは、入るように矯正する。

結果が、即感じとってもらえるようにしている。なかなか難しいですけどね…。


 結果OK!が一番のメンタルトレーニング


結果が、上手くいった試しがないから、

自信がうまれるように「呼吸法」やりましょう!

これではちょっとおかしいですよね!

 とりあえずは、「入ればOK!」という考え方は必要な気がします

たとえば、

スマッシュをやっていて、フォームうんぬんよりも、

3本きちっと狙いどうりに打つ練習していたほうが、試合に向けての自信につながるわけです。

 入らなかったら、頭でゴチャゴチャ考えずに、次、打ってみることです!


「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2008年9月21日

ポチっと!はしなきゃダメ

人気ブログランキング

faceup_1.jpg
来週からレッスン自粛営業開始
「田上庭球塾」ホームページ

  • 2020.05.09 Saturday
  • 09:43

Comment
Send Comment