Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

上達のコツ

理想より現実!

JUGEMテーマ:スポーツ

ヤマ<女子連テニス>の登り方シリーズその1〜7

要点としては、

理想を追っていくのは、上達のうえで必要なことですが、

深追いしすぎると、弊害がありますよ〜ってこと。


<女子連テニス>の世界で、

個人の資質(ごめんね!歳も含めて)、

練習環境、

シングルスではなく、パートナーがいるダブルス、


……そのあたりのことを考えていくと、こなしきれないことも多く出てくるようなんです!


そして、

まじめに努力する方ほど……


じぶんの理想に近づかない!



と、悩んでいらっしゃる方が多いのです!



じぶんが持っている素晴らしい力、

じぶんが持っている可能性

に対して、目を向けずに……。




また、

こうでなくちゃいけない!

と、理想をかかげ、

パートナーと対立する!



もっと現実をしっかり見つめてほしいのです!

じぶんのテニスを……

ペアとしてのテニスを……


取ってつけたような”理想”にじぶんをあてはめようとするのではなく、

じぶんにできること、強みを活かして伸ばしていく!


あなたが "あなたの得意なこと"をするのと、

あなたが ”理にかなっていること”をするのでは、

どっちが強い??


ポチッとお願いします!↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村


「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2012年1月18日


faceup_1.jpg
スポットレッスン<秋の陣>参加者募集中!12/1最終日です!
「田上庭球塾」ホームページ

  • 2020.11.19 Thursday
  • 16:39

勝つってこと

ヤマ<女子連テニス>の登り方 そうはいっても……

JUGEMテーマ:スポーツ

<女子連テニス>の登り方シリーズ”最終章”で〜す!


このシリ−ズでは、<女子連テニス>で、

なんとか勝ちたい!っていう人に向けて、

その目標”勝つ!”ってことを”頂上”に据えて、

その”ヤマ”の登り方をお話ししてきました!


あくまで、「試合」を意識して、練習をすすめていくということになります!


今回は、その真逆ともいえる展開になります!

えっ!〜真逆って…気になるな?って方はポチッと↓
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村


前回のブログにあったように、

「田上塾」には<強くなる練習期>と<上手くなる練習期>があると言いました。


”強くなる”と”上手くなる”は

みなさんが思ってるほど直接的にはリンクしないのですが、

間接的にはもちろんリンクします!


なんだかんだいっても、やっぱり、

技術の依りどころみたいなものがないと、自信になりません!


いきなり、じぶんを信じなさい!それがホントの”自信”だ!

……なんて言われてもねぇ〜!(えっっ〜??それって、田上が言っていたことじゃないの!)


田上のレッスンは、とにかく数多くボールを打たせてくれます!

数多く打ってもらう中で、

これだ!この感じ!

をつかんでいただきます!


どうしても、

打てた気がしない!納得いかない!力が伝わらない!気分悪い!

……っていう場合は、コーチングします!


これがうまくはまって、

”打てた!”

となったときは、

生徒さんもコーチもうれしい!楽しい!


「田上塾」の技術目標は、

どこからでもどこへでも打つことができる!

なので、けっこうマニアックな課題もあります!


そしてあなたのテニスの幅が拡がる!

豊かな技術で打ちあう生徒さんのプレーを観ることほど、楽しいことはありません!

コーチ冥利に尽きます!

コートサイドで、待ちの生徒さんも観ていて楽しいはずです!

「田上塾」も九年目……

前身の「バーニングテニスチーム」から数えて、14年目ですからね……

けっこう長い生徒さんもいて、そりゃなんでもできますよ〜!

一番長い生徒さんは、

田上の大学時代、バイトコーチからのおつきあいさせてもらってます!


なんだ!やっぱり技術を磨いて、”積み上げて”いくんじゃないか!

そうですよ!それが”王道”です!


ただ、”試合に勝つ!”ってことは、

そんなプライド持ってても、かえって邪魔になる場合もあるわけで……。

試合って、

試合って、

………

勝ってナンボのものでしょ!

を、しっかり押さえていただきたいのです!

そこがないと、いくら上手くなっても強くはなりません!



なので、

前回までの「ヤマの登り方 その1〜7」は必要な考えになるかと思います!

ご意見いただけたらありがたいです!

ポチっと!↓
人気ブログランキングへ


「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2012年1月17日


SN3D0026.JPG
18年目の2020年の現在は、<上手くなる>練習しかしていません!
<豊かなテニス>でテニスを味わい切る!
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2020.11.18 Wednesday
  • 09:38

勝つってこと

ヤマ<女子連テニス>の登り方 その6

JUGEMテーマ:スポーツ

「田上塾」では、

「ランク別大会」を照準に、

大会前半年を、<強くなる練習期>

大会後半年を、<上手くなる練習期>

と、2期に分けています!



どんな違いがあるのかというと、

<強くなる練習期>では、

”相手のいない”球出し練習はしません!

試合で、相手がいないということは、ありえませんから…。




そうすると……

球出し練習はやらないの??

やるのか?やらないのか?の前にポチっと!↓
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村





いいえ!やります!

<相手付きの球出し練習>をやります!




相手をおいて、その相手が嫌がることをする!



打ち合い(ラリー)ではないんですか??

打ち合いもやりますが、テーマを連続的に打ってこなすことができないので、効率が悪いので、主役の生徒は、コー

チの球出しだけ打ちます!

その打ったボールをコートに向けて、打ちっ放しではなく、

相手が対応して、終わります!

そのときの、相手の対応ぶりがポイントになるわけです!

余裕なのか?窮屈そうなのか?


相手のいない球出し練習は、じぶんの満足度をはかるだけです!

試合は、相手がどう感じているのかが、ポイントになるわけで、

自分側が満足いってなくても、相手が嫌がっていればいいわけですし、

その反対で、

自分は大満足!相手には”待ってました!”とカモにされている!

のでは、いただけないのです!


ですから、この<相手付き球出し練習>のテーマは、

”デッドゾーンにいる相手をスピードではなく、球足の長さで詰まらせる”

とか、

”相手バックサイド前衛の<バックの脇>(手が出せそうで意外と手が出にくいところ)をスピード付けて突いていく”

……みたいな。


そうなんです!

じぶんのグリップがどうだとか、トップスピンがどうのこうのとかは、

いっさいお構いなしです!


相手を追い込めばいいんです!

それもあなたの”いま”持っている技術で追いこむ!



別に、フェデラーのテクニックを持っていなくてもいいんです!

いいのかわるいのかは、

その相手の様子になります!


もちろん、

まわりまわって、

じぶんの納得いく打ち方になってなければ、

相手を追い込むことなんか、できやしない!

な〜んてこともいえるでしょう!


しかし、

それは、

まわりまわってのことです



じぶんが納得いくショットを完成させるのを

待っていたら、いつになるんですか?


そして、完成させたとして、

どれだけの完成度になるんでしょうか?


完成させたとして、それから、

相手を追い込むことを意識した練習に移るわけですか??


それもいいでしょう!

もし、そうしたあなたは、ことし卒業しなくていいわけですね……。

3年計画で3年後に卒業します!

これなら有りだと思います!


いやいや、わたしは毎年勝負賭けているんです!

っていうことでしたら、

まず、じぶんの満足度はひとまず置いておいて、

相手を追いこんでみてください!

じぶんなりにやってみて、

この方法ならいけそう!

というものを取り上げ、

たくさん打ちこんでいったら……

結果的に

そのショットの完成度が上がってしまっていた!


……そんなところが現実的だと思います!



スクールでよくある、

いまは、フォームをつくっていますから、ミスは気にしないでフォームを意識しましょう!

これは、試合と180度違う構造なわけです!


練習で、試合とまるっきり構造の違うことだけを練習して、

あとは、試合の数です!試合慣れしてなんとか練習したものがそのうち出てくることを期待しましょう!

……って、今までの田上も突き放していました!


いまでは、試合と練習を結びつける工夫が、すこしだけできるようになりました!



よくできました!…でポチっと!↓
人気ブログランキングへ


「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2012年1月16日に加筆


faceup_1.jpg
スポットレッスン<秋の陣>参加者募集中!12月1日最終日!
「田上庭球塾」ホームページ

  • 2020.11.17 Tuesday
  • 20:44

勝つってこと

ヤマ<女子連テニス>の登り方 その5

JUGEMテーマ:スポーツ

<女子連テニス>ヤマの頂上は、”試合に勝つ!”とします!

「試合」に勝つために「練習」します!



「試合」に勝つ!

ということは、

・自分たちの技術で、相手を圧倒することで勝つ!

・相手の嫌がることをして、相手に自由にプレーさせにくくする!(相手の力を目減りさせる)


自分らが相手を上回るのか、相手が目減りして自分らより下回るのか

の2パターンがあるとします。


<女子連テニス>の”ランク別大会”で考えれば、

”技術で圧倒する”は、考えにくいのです!

ランク別なら特にそうですし、

そうでなくても、ワンランク差くらいならそういえるでしょう!

(っていうか、このブログの<女子連テニス>の定義は、みんなおんなじ…大差なしで語ってます!)



となると、

じぶんのショットが”打てた!”としても、

相手にとって、

イヤらしいショットなのかどうか?がポイントになってくるわけです!




いくら自分にとって会心の一打であっても、

相手にとっては、かえってタイミングのとりやすい、合わせれば返る!

みたいなショットだとしたら、

まるっきり”自己満足”に過ぎないわけです!(じぶんひとり”仁王立ち”みたいな(笑))


そしてそして、

<女子連テニス>特有の、

特有の?なんだろか?そのまえにポチッと↓
人気ブログランキングへ



<女子連テニス>特有の……




はいっ!出ました!



ペアさんの、





それだとわたしがどこにいたらいいのかわからない!

速すぎて、からんでいけない!





出ました!

ねっ!やっぱ出たでしょ!(笑)



それから、

悲しいかな……

ホントに相手を圧倒するようなショットは出ていないのです!

ご自分の手ごたえに比べて……

ゴメンね!大したことないんだ!(大したことある方は、速やかにご退場願います!)



それに、

ラケットもよくなってるし、

じぶんもうまくなったな!

なんて思っていたら、

なんと……

なんと……

まわりもみんな同じようにうまくなってた!(笑)

なので、

みんなブロック上手なのよ!予測もいい!



コーチ一発で決まらないんです!もっと威力出したいんですけど……!


よしっ!田上にまかせなさい!




と、やってみましたが、

ごめんなさい!田上の力不足!


何割かは増したかな??


もしくは、

本人とコーチだけがわかる世界で(笑)

威力出たゼ!

(残念!まわりからすると、ほとんどわからない!ボール受けてみないと…(笑))


他の優秀なコーチの場合は、そんなことはないのかもしれませんが……(汗!)

(次回につづく)



いやいや、私のコーチはこんなものではないですよ〜!て方はポチッと↓
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村


012.JPG
いよいよ12月1日まで!スポットレッスン<秋の陣>参加者募集中!
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2020.11.16 Monday
  • 16:40

勝つってこと

ヤマ<女子連テニス>の登り方 その4

JUGEMテーマ:スポーツ

この一連の連載を、

「ヤマの登り方」なんていう題名にしちゃったから、

登山のやり方??

みたいなことになっちゃって、

アクセスが伸びないので……。

ポチッとで協力お願いします!↓
人気ブログランキングへ





このヤマの頂上は、試合に勝つ!です!

コツは、頂上から下って考えてみると、最短ルートを外しにくいです!


「試合」→「練習」

というこの流れですね!


「試合」をする。

反省する。

………

……



後悔だけになってませんか?




<課題>をみつけるだけでは、後悔ですよ!

その<課題>を克服しないと、いつまでたっても変わりませんよね!



ここなんです!



<課題>だけみつけて、愚痴ってる!



そうでもしなければ、

こんなに毎日やってるのに、

こんなに変わらないわけないんだから……(厳っ!)


この<課題>を掲げるだけでは、なんにも変わりません!

ここから<課目>(メニュー)を創らなければなりません!




「田上塾」では、一年を大きくふたつの時期に分けてます!

ランクアップ大会前(12月)から大会終わるまでの時期を

<強くなる練習期>

ランクアップ大会終わって、11月までを

<上手くなる練習期>


<強くなる練習期>でのコーチとのマンツーマンタイムでは、

リクエストに応えるようにしてます!

大会前で、コーチから新しい技術のようなものを押しつけられても困るでしょ……。



このリクエストの内容が、

試合をしっかりこなしている人は、

<課題>も明確になり、

○○お願いします!

とリクエストできます!


さらに、強くなる人は、

<課題>からもう一歩踏み込んでいて、

<課目>を指定されます!


こんな状況をコーチが設定して、ここへ球出ししてください!


……みたいな。




その<課題>を克服するために、どんな練習をしなければならないのかを

考え、工夫してみましょう!(<課目>の設定)


そして、その<課目>を練習していきましょう!

なんですが……、


これをやる場がない!

ってこともあるんでしょうね!


”地味練”  ”コソ練”

ができればいいんですけどね!


現実そんな場はなくって、

スクールと試合のくりかえし……。

仲間とコートとっても、ゲーム好きの方が、必ずいるもんで……


そんなマジメぶってないで……

はやくゲームやろうよ!


ゲームもいいけど、ポチッともね↓

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村


「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2012年1月12日


現在「田上塾」は、

どこからでも、どこへでも、なんでもできる!

<豊かなテニス>を標榜しています!

初中級から女子連チャレンジャーまで対応します!

一度顔見せてくださいな……「無料体験レッスン」実施中!

「田上庭球塾」ホームページ
  • 2020.11.15 Sunday
  • 16:29