Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

試合

まわりのせいにしない

 試合を進めていく中で、風や太陽、コートコンディション、相手のジャッジ…。これらは、気にしないほうがいいという話です。

 先日、ある方たちが「鈍感のほうが生きていく上で、絶対得する」という話で盛り上がっていました。ちょっと前の”鈍感力”ってやつです。

 テニスでいったら、風が吹いていても気にならないし…っていうか、風が吹いているのも気が付いていないっていうのが実態かもしれませんが…。だから、いつもどうりのプレーができる。

 片や、風が気になっちゃって、ナーバスになって自滅する…こんなふうになるなら鈍感のほうがいいってことですね。

 でも、風を利用して勝つ!みたいなことは、風が吹いていることに気づいていない鈍感の方にはできないのだから、やっぱり理想は「身体意識」が研ぎ澄まされて、よく気がついて、そのうえでそのことをマイナスにとらえずにプラスに変換するということですかねぇ…。

 または、最大限気づいているのだが、まったく気にしない…とらわれないということですね…タフってこと!

 ダブルスのパートナーが、もし、とらわれちゃうと、きついですよね。
 「きょうは、風つよくってイヤね!」
 このなにげないひとことの裏側には、
 「風が強いから負けてもしかたがない」が多かれ少なかれ含まれているってことです。

 本人がそのつもりで言ってなくても言霊とは、おそろしいものです。パートナーがそんな言葉を発したら、打ち消してあげてください!ひきこまれませんように!
 


”女子連テニスで勝つ!”「田上庭球塾」

ありがとうございます!励みになります!ポチッとクリックお願いします!
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村
  • 2009.10.16 Friday
  • 23:08

テニスのこころ

スポーツとは…

 テニスも含めて、スポーツは、芸術の世界と同じで、実際にプレーして結果が出ても、その結果に対しての評価は、決して一つだけではないということです。

 数学の世界のように”1+1=2”というような、誰がやっても結果は同じという世界とは違うと思うのです。

 同じ相手と二度対戦して、結果は二度とも、0−6で負けたとしても、自分自身としては、二度目はゲームこそ取れなかったが、自分なりには納得できた…とか。一度目は6−4で勝ち、二度目は4−6で負けてしまったが、二度目のほうが、納得できた…。優勝してまわりの人は「おめでとう!よくがんばったね!」と祝福しているのだが、当人は憮然としていた…。

 福田雅之助先生も「勝ったとか負けたとかいうことではない。いかにゲームをプレーしたかが、勘定される。」

 結果をも含めた過程というものを大事にしている(大事にできる)世界のようです

 それが「スポーツ」です。


”女子連テニスで勝つ!”「田上庭球塾」

ありがとうございます!励みになります!ポチッとクリックお願いします!
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村
  • 2009.10.15 Thursday
  • 22:37

上達のコツ

反復練習

 25才を過ぎると、一日に30万個、脳細胞が死んでいくので、年取るほど忘れやすくなります。

 しかし、繰り返し練習で、脳に信号を流すことをやめなければ、その脳細胞は死にません。忘れません。

 プロ野球の選手でも、年をとってる選手ほど、基礎の反復練習をしたがるそうです。

 毎日、同じ練習にみえる練習を、決して飽きずに、昨日とのほんのちょっとの違いを見逃さずに、きっちり感じ取っていく…。この感じ取る力が上達力といえるでしょう!


”女子連テニスで勝つ!”「田上庭球塾」

ありがとうございます!励みになります!ポチッとクリックお願いします!
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村
  • 2009.10.13 Tuesday
  • 23:03

上達のコツ

好きこそ物の上手なれ

 何度も何度もくりかえし練習すると、掛け算九九の暗唱のように無意識でもできるようになるように、テニスもくりかえし練習が必要です。

 脳の記憶は、実際にボールを打たなくても、そのイメージを沸かせることだけでも、脳に信号は送られます。

 ですから、同じ週一回テニスをする二人の人がいたとして、テニスをしない、残りの六日間を、ひとりは、完全にテニスを忘れ、他のことに熱中していた。もうひとりは、寝ても覚めてもテニスだったら、上達に差が出るわけです。

 これが、「好きこそ物の上手なれ」の構造です。



”女子連テニスで勝つ!”「田上庭球塾」

にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村
  • 2009.10.11 Sunday
  • 07:30

テニスのこころ

サンプラスのコーチに質問しました  

 ジョーコーチは、全般にわたり、”とにかくつなげ、ミスするな!”なのです。でも、そう心がけることにより、自然と集中力が養えることにもなるようです

田上「つないでいるだけでは、勝てないという壁にあたっている生徒がいる   としたら、安定性をキープしたまま、スピードUPさせるのか?それと   も、安定性を少し壊してでも、スピードUPさせるのか?」


ジョー「10球中10球入らなければ、試合に使えない。どんなにスピードがあ    っても、10球中10球入らなければ認めません。スピードUPの前に10    球中10球入るように仕向けます。」



”女子連テニスで勝つ!” 「田上庭球塾」

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村
  • 2009.08.17 Monday
  • 12:47