Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

テニスのこころ

発達はない

 子供と社会人テニスの違いは、「発達がない」ということです。

上達が発生しないということです。

 そうです!やっていれば、自然にそのうち上手くなるさ…は幻想です!


 発生しないのですから、突然…なんてことはないのです!

学生には、それがあるのです。

突然、なにかのきっかけで、グッーと上達することが…。

本人の意識あるなしに関わらずあるんです!


 我々、社会人は、課題を意識化して、それに取り組んだ時に達することが出来るのです。(絶対上達できるかはま

た別問題だが…)


 しかし、もし上達できたなら、発達よりも‘上”の価値があるってことです


 ランク別大会で‘卒業”したかったら、「覚悟」を決めることです。




 
『一隅を照らす」田上公明の仕事
  • 2008.09.30 Tuesday
  • 10:01

テニスのこころ

いまを楽しく!

 たまたま、テニスをはじめてやった方に遭遇しました。

無我夢中になって、フォームなんてなにもないけれど、目をキラキラ輝かしてボールを追っている姿に感動しまし

た!

 もちろん、集中してましたねぇ!


 上手くなくったって、楽しむことはできるんだ!

 以前、長谷川先生が教えてくれたこと…

 「田上さん!いまよりもうすこしお金持ちになってから、人生楽しもうと思ってませんか?」

 「テニスだってそう!もうすこし上手くなってからでなくても、いまを思い切り楽しくできるやろ!」


 「一流のテニスプレーヤーと思うこと!あなたは、貧乏を演じている!」




「一隅を照らす」田上公明の仕事
  • 2008.09.29 Monday
  • 11:08

上達のコツ

なぜ球出しは難しいのか? 

 まず、球出しは「打ちやすいところに打ってあげよう!」と、頭の中でしゃべっている。

これが、いつも言ってる雑念ですわ!

で、上手くいかないと、手先で調整する。

これがまたさらに輪をかけて、失敗系なのですね。

集中力の基本である、

対象に意識が向かわずに自分に向いてしまっている



 「ボールいきまーす!」は、何も意識していない、考えていないいわゆる無の状態。

これだからこそ上手くいくのではないか?

しかも、地面でのボールのはずみかたから、あいての移動スピードまでを予測しているのです。

これって、頭で計算して答えを出しているわけではありません。


 すべては、直感力(ひらめき)で処理しているのです!


 どうもコントロール能力に関していえば、筋肉で加減するよりも直感力のほうが優れているようです。


この直感力は、集中していないと発揮できないのです


 フォームをなおざりにしているわけでは、ありません。

しかしながら、狙ったとおりにボールがいかなかったのは、フォームのせいなのか?

同じようなフォームでも、もっと難しい課題である「ボールいきます!」では、簡単にクリアしているぞ!


 これだけ、何年もフォームをいじっているのに、相変わらずミスが多いのはナゼ?

あのゲームに強い人は、フォームは決して綺麗じゃないし、ほとんどフォームに意識がなさそうなのにボールが入る

のはナゼ?

 いいかげん気づきましょうよ!フォームを覚えればOK!はウソ!

 直感力(球勘)を鍛えましょう!





「一隅を照らす」田上公明の仕事
  • 2008.09.24 Wednesday
  • 08:47

上達のコツ

なぜ球出しは難しいのか?

 コーチが、デモンストレーションをする時に、生徒のお一人に球出しをしてもらいますが、これがなかなか難しい

もので、うまく狙って打てないことが多いのです。


 私も、コーチデビューのときに、簡単な球出しが緊張のためかままならず、

チーフコーチに「もういい!そこで立ってみてろ!」なんていわれたものでした。


 ところが、みなさん!

 あなたは、それよりももっと難しいはずの、ゲーム中にバックコートのフェンスまで転がったボールを拾い、25

メートルはあろうかという、相手に向かって、(なおかつ相手が歩いて移動中だったりする)


「ボールいきまーす!」

と、いとも簡単に打てているじゃないですか!

それも相手の胸の高さでとりやすいワンバウンドで…

 これって、なにナニ?

 コーチの研修でも、ベースライン付近に的を三つ並べて、三点だしの練習をしたりするんだけど、けっこううまく

いかないんです。

 この謎解きは…?

                            つづく



「一隅を照らす」田上公明の仕事
  • 2008.09.23 Tuesday
  • 00:05

上達のコツ

ミスしてもいいから…はダメ!

 「ミスしてもいいから、こうやってみて」は、

テニスレッスンにおいては、コーチの常套句だったりするんだけど、

これは、試合には結びつきにくいのです。


 もちろん、フォームの矯正や、新しいテクニックを身につけるためには、必要です。

しかしながら、一般テニス愛好家の場合、そのレッスンの後、練習する機会がないことのほうが、多いので、やりっ

ぱなしの中途半端になるわけです。

 「ミスしてもいいから、こうやってみて」は、

他の世界に置き換えれば、

『転んでもいいから、自転車こいでみて」とか、

「事故起こしてもいいから、車運転してみて」というような言葉と極端に考えれば、同じかな…。


 誰も怪我してまで、自転車乗りませんし、死にたくないから、車そんなに飛ばせませんね…。


 そうです!

「テニスでのミスは、車の運転でいえば、事故ってしまうのと同じなのです」

 だから、形がよくなっても、ミスでは無意味なのです。

それが、本能的には、わかっていることなので、自信にならない!

だって、結果がでていないのですから…。


 いまは形をつくりました…あとは打ち込んで、入るようにしておいてください!

それで、打ち込める人は、いいですが、大方、そんな機会をつくれないで終わってしまうのではないですか?


 いいコーチは、入るように矯正する。

結果が、即感じとってもらえるようにしている。なかなか難しいですけどね…。


 「結果OK!が一番のメンタルトレーニング」なわけです。

結果は、上手くいった試しがないから、自信がうまれるように「呼吸法」やりましょう!

これではちょっとおかしいですよね。

 とりあえずは、「入ればOK!」という考え方は必要な気がします

たとえば、スマッシュをやっていて、フォームうんぬんよりも、3本きちっと狙いどうりに打つ練習していたほう

が、試合の自信につながるわけです。

 入らなかったら、頭でゴチャゴチャ考えずに、次打ってみることです!




「一隅を照らす」田上公明の仕事
  • 2008.09.21 Sunday
  • 07:14