Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

テニスのこころ

そこで、「豊かなテニス」の登場!

引き続き、 nanaさんのコメントから…ありがとうございます!

>チャンスを待つためしのぐラリーは必要不可欠ですが、やはり攻撃していく業も磨くべきだと思います。このごろアマチュアでも結構強打していくペアが優勝したりするのを見ると年齢関係なく同じパータンに固執しないで、色んなスタイルにチャレンジする事は大事だと思います。

いつもいつも相手のミスを待つだけでなく、ジワジワと追い込んでチャンスボールが来たらしっかり決めることが出来てこそテニスの醍醐味も味わえるのではないでしょうか・・・


 まったく、そのとおりですね…!

 そこで、「豊かなテニス」の登場です!

 「田上庭球塾」のモットーは、

 「勝つテニス」と「豊かなテニス」の矛盾するところを

 なんとかしながら、しっかりやっていこう!とします!


 このブログ「女子連テニス上達のカギ」の二つ目の記事(2007.06.14)を…


「豊かなテニス」とは、テクニックが幅広くなんでもできるオールラウンドなテニスであり、またメンタル的にも、多くの気付きがあり心の成長もはかれる。幅を広げると反作用としてひとつひとつのテクニックの習熟度は深まりにくい。いざ本番大会だ!というときには、絶対的に自信のあるテクニックが必要になるので、中途半端な自信のないものは使えないので,そのテクニックは無いに等しいのである。「豊かなテニス」は勝つという目的には直接結びつきにくい面があるようだ。

 レディーステニスの場合、本当に大会大会と熱中し取り組むのは、個人差はあるだろうが、10年前後くらいのものだろう。とすると、熱が冷めたときに幅の狭い偏りのあるテクニックしかないとするとちょっと寂しい。ましてや足も衰えてるとすると、気力が落ちてる分、いままで勝てた相手に負けてしまったり、若手の勢いに押されたり…。もうゴルフに転向だ…。
 
 そのときに「豊かなテニス」の出番なわけです。
足の衰えをカバーできるテクニックが、勝ちにこだわらなくなったぶん余計にのびのびと冴え渡るのです。

 勝ちにこだわり夢中になっているとついついきづかぬうちに、表情も険しくなりまわりからもとっつきにくい雰囲気をかもし出したりしてるもんです。
逆になんでもできる美しいテニスは、若手や経験の少ない方から憧れられる存在になれるかもしれません。


新刊「テニス 4スタンス スイング革命」
   廣戸聡一 監修、谷口勇美雄 著 新星出版社

…で"A1"モデルで田上出てます!

「田上庭球塾」メールマガジン
「まだまだあきらめない!女子連テニス上達のカギ」

「田上庭球塾」HP より登録してください


「にほんブログ村」ってとこで、ランキングに参加しています!
ありがとうございます!励みになります!ポチッとクリック願います

にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村





にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村
  • 2010.08.18 Wednesday
  • 22:49

テニスのこころ

シングルでもやってみようかしら…

つづいて、 nanaさんのコメントから…

>もっと自由にやりたいと思うので、mixとシングルスが好きな40代です。


 そうなんですよね…!

 テニスってよくできたもんで、ダブルスだけでなく、シングルスも用意されてるんですね!

 パートナーや仲間とのやり取りに疲れてしまったり、エネルギーを奪われてしまって…、

 ふぅ〜…と深呼吸した時に、

 なんで?楽しみでやってるのに、どうして苦しんでいるのだろう?

 それも、テニス以外のところで…。

 
そんなときに、シングルスで…

 自分を取り戻す!

 じぶんのテニスって、どんなんだろう?って

 やってみる!

 …… 

 打てない!しっかり打ちきれない!グランドストローク! 

 めったに、ベースラインでの打ちあいなんてやったことないから…

 しょうがないんだけど…

 それに…

 やっぱ、"疲れるわ!"
 (注.すべての方にあてはまるわけではありません)

 と、チャレンジできる方は、いいのですが…

 ほとんどのかたは、"やったことないから"

 …で、やりません!

 
 そして、そして

 "本意じゃないけど…"

 女ダブに帰ります…。


新刊「テニス 4スタンス スイング革命」
   廣戸聡一 監修、谷口勇美雄 著 新星出版社

…で"A1"モデルで田上出てます!

「田上庭球塾」メールマガジン
「まだまだあきらめない!女子連テニス上達のカギ」

「田上庭球塾」HP
より登録してください


「にほんブログ村」ってとこで、ランキングに参加しています!
ありがとうございます!励みになります!ポチッとクリック願います

 
="http://tennis.blogmura.com/ladiestennisplayer/">にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村





にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村
  • 2010.08.17 Tuesday
  • 10:56

テニスのこころ

アンチエイジング

きのうにひきつづき nanaさんのコメントから…ありがとうございます!

>姿勢があまりにも保守的でつまらない!


 上達は、自分が変わっていくってことなんで、「田上塾」のメンバーなんぞは、もちろん保守的ではなく、積極的にトライしている仲間です!

 ただし、そこには、常に現実とのギャップに悩み、

 まわりからの

 "なによ!いまさら!"

 という冷めた目にも屈することなく、

 なによりも、

 自分自身が、

 なんとなく、

 気づいてしまっている

 "こんなものなのだろうなぁ〜"

 というあきらめにも似た心境を

 たてかえ!たてかえ!

 なんとか

 じぶんだけでも

 じぶんを信じてあげなきゃ…!


 最後まであきらめず!

 徹底的に抵抗する


 後押しをさせてもらってるのが

 わたしです!



新刊「テニス 4スタンス スイング革命」
   廣戸聡一 監修、谷口勇美雄 著 新星出版社

…で"A1"モデルで田上出てます!

「田上庭球塾」メールマガジン
「まだまだあきらめない!女子連テニス上達のカギ」

「田上庭球塾」HP より登録してください


「にほんブログ村」ってとこで、ランキングに参加しています!
ありがとうございます!励みになります!ポチッとクリック願います
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村
  • 2010.08.15 Sunday
  • 08:50

試合

試合でつかわないことはやらない

 きのうにひきつづき nanaさんにお答えします!ありがとうございます!


>相手の甘い球はきちんとハードヒットする姿勢は必要です。ミスもするでしょうが、練習でそれをやらないでいつやるのかな?と疑問に思います。


練習でそれをやらないでいつやるのかな?

 ほんとですよね!…

 だから、やりません!っていうかやりきれない!っていうところが現実かな…。

 あの〜試合で力出し切りました!

 …で、ほんとはいいはずなんですけど…、

 勝たなきゃダメでしょ!勝ってナンボノもん!

 なんて思ってしまうと、ほんとに自信のある、身に付いたショットしか打てないわけです!
 そのためには、たくさん打ちこまなければなりません!

 また、若いひとと違って、覚えが悪いのでよけいに数必要なんです!(泣き)

 その条件をクリアする環境がつくりづらいってとこはあります。

 クラブや仲間では、2、3球ラリーしたらすぐに「はい!ゲームしよう!」っていう練習嫌いな方がいたり…

 すでに順番待ち状態で、ワンセットもできる状態ではなく、4ゲーム先取で!なんていってるところで、いまさら練習なんて無理。

 なので、練習はスクールで!

 なんて思ってスクール入会したものの、

 「ハイ!2球交代で!」

 なんて状態だったら、明らかに打ちこみ不足!!

 テニスをなめたらいかんぜよ!!

 なわけです。

 その点、「田上庭球塾」はいいですよ!

 コーチあんまりあーせい!こーせい!いわないで、

 黙って打たせてくれますから…

 野放し、サファリパーク状態!(生徒さんが野獣ってことでは…ないですよ?)

 ってなわけで、

 そりゃ、新しい技術覚えたいのはやまやまなんですが…

試合に使える状態にまで、仕上げるには、とどかない!間に合わない!
というジレンマを常に抱えながらの取り組みなのです!
新刊「テニス 4スタンス スイング革命」
   廣戸聡一 監修、谷口勇美雄 著 新星出版社

…で"A1"モデルで田上出てます!

「田上庭球塾」メールマガジン
「まだまだあきらめない!女子連テニス上達のカギ」

「田上庭球塾」HP より登録してください


「にほんブログ村」ってとこで、ランキングにほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村
に参加しています!
ありがとうございます!励みになります!ポチッとクリック願います
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村
  • 2010.08.14 Saturday
  • 08:42

試合

決まったからいいもののリスキーすぎる

 つづいてnanaさん…ありがとうございます!

>ポワーンと浮く相手のセカンドを上から叩いて決まっても『決まったからいいもののリスキー過ぎる』的な空気になります。


 「決まったからいいもののリスキーすぎる的な空気

いいですねえ〜!「女子連テニス」の特徴のひとつを見事にいい表した言葉だと思います!う〜ん!ナイスショットです!

 「女子連テニス」の基本コンセプト?は…

 "理想より現実"なんですね

 まず、己を知れ!とばかり、新しいことをしていくことより、

 いま、できることをしっかりやる!

 なんで、リスクを避ける傾向にあります!

 それから…

 "練習でのワンショットより試合で勝てるか!"なんですね

 女子連の"ランク別の大会"〜めざせ!Aさま!の

 試合後、なんぞは、

「ほんとに悔しい!ふがいない!なんでなんだろう?」

みたいなことで、夜は長電話で超落ち込み、えらい寝不足状態で…

一晩明ければ、遠い仲間からは、「ねえ!試合どうだった?卒業できた?」
と、声をかけられるので、なるべく目を合わさないようにして…

近い仲間は、っていうと…

仲間のほうが先回りして気を遣い遠巻きにされ…
(これって、自分じゃまだ結果を話してはいないのに、やじうまネットワークですでに、即日速報で、まわってしまっているという…)

 レッスン後のランチは、ドリンクバー付きの(長時間にわたるので)ファミレスで、反省会!

っていうか、パートナーへのダメ出しがほとんど…(あちゃぁ〜)

 落ち込んでショックで、半月くらいはレッスンおやすみ…

 …みたいなことが、日常茶飯であるので、

なんだかんだいっても、試合に勝たなきゃダメなのよ〜!!
 ってところが、根っこなので、

 なかなかリスキーなことは、やりたがりません!

(続きはあすへ)

新刊「テニス 4スタンス スイング革命」
   廣戸聡一 監修、谷口勇美雄 著 新星出版社

…で"A1"モデルで田上出てます!

「田上庭球塾」メールマガジン
「まだまだあきらめない!女子連テニス上達のカギ」

「田上庭球塾」HP より登録してください


「にほんブログ村」ってとこで、ランキングに参加しています!
ありがとうございます!励みになります!ポチッとクリック願います

 にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村
  • 2010.08.14 Saturday
  • 06:57