Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

勝つってこと

ふたつの“氷山”

 “氷山”は、水面を境界に、水面上に目に見える部分と、水面下で目に見えない部分とがありますね…。

 ひとつめの“氷山”は、

 新しいことをおぼえて身につけていく“氷山”

 新しいことを練習しても、なかなか試合(水面上)には、現れません。

 しかし、水面下には、しっかり積まれているはずですから、もうすこし継続して、水面上に現れるまで積み上げていきましょう!

 ここで、「試合に反映されないから」などといって、やめてしまえば、まったくやらなかったことと同じ、もしくはやっちゃった分無駄だったってことになります。

 ふたつめの“氷山”は、

 悪い癖をなおして、生まれ変わる“氷山”

 悪い癖をなおそうと練習しても、なかなか試合(水面上の氷)は、消えてくれません。

 なぜなら、水面下を削っているからです。ある程度削れば、水面上の氷も崩れて消えてしまうでしょう。これが何パーセント削ればいいのかは、その時々によって、まちまちです。

 少なくても済む方法…とっておきです!

 それは、試合に勝つことです!

 勝ちは悪いことをも、すべて洗い流すパワーがあります!

 だから…

 勝てない人は、あまり考えすぎてはいけません!

 洗い流せないので、詰まってしまいます!
 その意味でも、

 「レッスン・練習積み上げたのちに、試合・大会!」

 パターンより

 「まず、試合・大会やってみたのちに、レッスン・練習」

 パターンのほうが、上達早いです!

 最後に、福田雅之助先生のことば

 「下積みとなれ!そして努力せよ!やがて上積みとなる。努力なしでは浮かびあがらない!」


新刊「テニス 4スタンス スイング革命」
   廣戸聡一 監修、谷口勇美雄 著 新星出版社

…で"A1"モデルで田上出てます!


「田上庭球塾」HP

「にほんブログ村」ってとこで、ランキングに参加しています!
ありがとうございます!励みになります!ポチッとクリック願います
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村

"メルマガ"では、ブログとは違う内容で盛り上がってます!
空欄に携帯・PCのアドレスを打ち込んで送信してください。

  • 2010.09.05 Sunday
  • 07:44

「全国レディース」

全国レディース 千葉予選開幕!

 9/1から「全国レディース」千葉予選が始まりました。

 毎年、暑さと10回戦ほどある長丁場(千葉は最多の686組)、3セットマッチ(最近はファイナル スーパータイブレーク)、

 まさに過酷な勝負「全国レディース」の“代表”を決めるには

 ふさわしい設定です!(やらんおまえがいうな!)

 準決勝、決勝ともなれば、

「キネシオミイラ」と、化す

 すさまじい戦いです!

 そもそも、わたしが「女子連テニスコーチ」になったのも、

 プロコーチになった年に、

 「朝日レディース」を目指している生徒さんに

 全国大会に近所の方が千葉代表で出場しているから、

 応援に行こう!と誘われたのがきっかけでした。

 その大会で、結局千葉が優勝し、その方もめでたく

 “永久追放”されたのでした。

 そのときの戦いっぷりが、素晴らしかった!

 いまでもよく覚えています!

 なんていうか、やっぱり…、

 ”うまい!”だけではないんだな〜、

 強い!強い!

 凛としている強さ!

 ぜったいに揺らがない!

 不動心があるっ!


 どんなもんやろ…ってかる〜い気持ちで観戦しにいったのに、

 最後はこころから感動しました!

 わたしが「女子連テニスコーチ」になったきっかけのひとつです。

 社会人一年目で、

 「大学テニス」あがりのわたしと、

 「女子連テニス」には、大きなギャップがありましたね〜。

 いま思えば…ですが、当時は若さにまかせて勢いでやってましたから…。

 観戦に誘ってくれた方も、何年かした後に、

 “代表”になられました!

 この方がいたクラス「月曜九時」のクラスは、

 自分らでクラス名を”朝日レディース”と名付けたくらいで、

 時間差はあるのですが、6名全員“代表”になられました!

 "代表”になったのは、わたしのレッスンをやめられた後でしたし、

 わたしもそのころは、「女子連テニス」に対して、強い思い入れもありま

せんでしたから、客観的に受け止めていました。

 ただ、”このくらいのレベルがあれば“代表”なんだ!”というものは、

つかませていただけました。

 「女子連テニスコーチ」になったころから、6年間、毎年9月は「朝日新

 聞」に変え(わたしは、大の“巨人ファン”新聞もちろん「読売新聞」)

 「朝日レディース」を追っていました!

 自分の生徒さんが勝ち進み、応援観戦したのは、ベスト8が最高です。

 最近は、生徒からそんな意気込みを聴くこともなく、

 ちょっとさびしいです!

 そうそう!田上の力不足です!

 負け惜しみではなくて、”勝ちだけがすべてでない!”

 (こらぁ〜いいわけすなぁ〜!)


新刊「テニス 4スタンス スイング革命」
   廣戸聡一 監修、谷口勇美雄 著 新星出版社

…で"A1"モデルで田上出てます!


「田上庭球塾」HP

「にほんブログ村」ってとこで、ランキングに参加しています!
ありがとうございます!励みになります!ポチッとクリック願います
a href="http://tennis.blogmura.com/ladiestennisplayer/">にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村
"メルマガ"では、ブログとは違う内容で盛り上がってます!
空欄に携帯・PCのアドレスを打ち込んで送信してください。
  • 2010.09.04 Saturday
  • 23:32

テニスのこころ

目線は低く、目標高く!

 コーチとして、みなさんを上達させること、導くことが仕事でありますから、

 "上手くいく" "きっと上達する”とは、思っています。

 もしくは、念じています。

 しかし、かれこれ25年コーチ業をやってまいりますと、

 ”上達することのむずかしさ”を

 しみじみといやというほど経験してきました。

 やっぱり、簡単ではないのです!
 ですから以前は、

 ”どうしてできないの?”

 ”そのうちできるだろう!”

 なんてすぐに考えてしまったものですが、最近は、少しは長く観ることができるようになったと思います。

 腰を据えて、謙虚に地道にコツコツと積み重ねて、

 ”小さな上達”を見逃さないように心がけています。

 これが、”目線は低く”ということかな…

 ですから、”どうせできないぜ!”なんて投げやりにはなってません!

 あくまで“目標は高く!”です。

 成せばなる!ってか…


新刊「テニス 4スタンス スイング革命」
   廣戸聡一 監修、谷口勇美雄 著 新星出版社

…で"A1"モデルで田上出てます!


「田上庭球塾」HP

「にほんブログ村」ってとこで、ランキングに参加しています!
ありがとうございます!励みになります!ポチッとクリック願います
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村
"メルマガ"では、ブログとは違う内容で盛り上がってます!
空欄に携帯・PCのアドレスを打ち込んで送信してください。
  • 2010.09.03 Friday
  • 05:59

テニスのこころ

いま、すぐにできること

 技術的なこと、体力的なことは、すぐに"ナンバーワン”になることはできません。

 しかし、精神的なことは、いますぐに"ナンバーワン"になることは可能です。
 
 すぐにできる"ナンバーワン”を増やすことで、上達は確かなものとなる

 「仲間内で一番〜」 「松戸市で一番〜」「千葉県で一番〜」(各々が決めてね)

 ・明るくエネルギッシュな選手になろう!

 ・気持ちの切り替えが早い選手になろう!

 ・家事を手抜きしない選手になろう!

 ・道具を大事にする選手になろう!

 ・全身全霊全力でプレーする選手になろう!

 ・ジャッジのきれいな選手になろう!

 ・誰とでも組める選手になろう!

 などなど……

 いまからすぐにできることを実行して"ナンバーワン”になろう!

 人間は、あることを「結果を気にせずに」、「プラス方向に」「目標」に向かって「そのポイントに集中」し、それを継続すると、

 同調・共鳴の法則により、「精神エネルギーが増大」します。

 要するに精神的に強くなります!    (長谷川先生)

新刊「テニス 4スタンス スイング革命」
   廣戸聡一 監修、谷口勇美雄 著 新星出版社

…で"A1"モデルで田上出てます!


「田上庭球塾」HP

「にほんブログ村」ってとこで、ランキングに参加しています!
ありがとうございます!励みになります!ポチッとクリック願います
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村
"メルマガ"では、ブログとは違う内容で盛り上がってます!
空欄に携帯・PCのアドレスを打ち込んで送信してください。

  • 2010.08.29 Sunday
  • 23:07

テニスのこころ

先輩のプレッシャー

nanaさんがコメントしてくれた、これぞ「女子連テニス」の特徴のひとつを表してくれた言葉

 「決まったはいいもののリスキーすぎる空気」

 この空気を醸し出してるのは、クラブ・サークルの先輩です!


 「女子連テニス」には、目にはみえませんが、

 かなり強固な「擁護システム」が厳然と働いています!


 なにを"擁護"してるのか?といえば、

 "上下関係"です!

 もちろん、本人たちは無意識でやっちゃってるところは、ありますが…

 よって、「出る杭は、打たれます!」

 この話題は、話すと長くなるので、また別の機会に…

 試合に勝つために、プレッシャーのなかで、実力を発揮しなければならな

いのですが、

 そのために「試合のつもりで、練習しろ!」とか、

 いろいろ工夫するのですが、

 かなり、有効なのが、

 「自分より上手な先輩に組んでもらう」


 というのがあります。

 本人が意識しなくとも、

 なんともいえないプレッシャーのなかで、

 プレーすることができます!

 それこそ、決まってもリスキーすぎると、

 おとがめがあります!

 技術的には、副作用で、

 小さくまとまる、振りきれない…

 とか、あるでしょうが、

 たしかに、強くはなります!

 また、「田上塾」にくるのが、

 気分転換になるのか、レッスン中は、

 かえってのびのびして

 いいプレーをします!

 緊張と弛緩のバランスの効果もあってか、

 試合のプレッシャー対策のひとつになるようです。

 メンタルトレーニングとか考え方とか

 いろいろコツのようなものもあるんでしょうが、

 現実としては、

 一見、理不尽とも思えるような

 先輩のプレスがいちばん手っ取り早かったりすることもあるようです


 世の中全体が、効率的に、科学的になんていってるけど…

 芸人でいったら、師匠に弟子入りするみたいな…

 主婦というのも、

 結婚して子供が小さいうちは、

 お勤めもせずに、専業だったら、

 家の中では、"お山の大将"ですもんね…

 世に揉まれる機会になって、

 人間的に強くなるのかもしれませんね〜。

 


新刊「テニス 4スタンス スイング革命」
   廣戸聡一 監修、谷口勇美雄 著 新星出版社

…で"A1"モデルで田上出てます!


「田上庭球塾」HP

「にほんブログ村」ってとこで、ランキングに参加しています!
ありがとうございます!励みになります!ポチッとクリック願います
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村
"メルマガ"では、ブログとは違う内容で盛り上がってます!
空欄に携帯・PCのアドレスを打ち込んで送信してください。
  • 2010.08.28 Saturday
  • 00:11