Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

試合

ゲームの目的

 「ゲームの目的は、言うまでもなく勝つことです。決して理論通りにプレーしようと努力することではない。」

 平野三樹先生の著書にある、いたく簡単にまとめられた言葉ですが、本当に試合に勝とうと努力した方なら、この言葉の凄さがわかるのではないでしょうか?!

 一生懸命になればなるほど、陥りやすい盲点みたいなことですね…。

 平野先生曰く「私のプレースタイルは、徹底して相手に嫌がられるプレーをすること。」

 ということは、最初に「自分のテニス」というものが、あるのではなく、「相手のテニスの弱点」を見抜き、そこを徹底して攻める。そのために「自分のテニス」というものが、多彩にプレーできなければならない。というスタイルだったようだ。

 まさに勝ちやすい、勝ちに直結したテニスといえるのではないだろうか?

 冒頭の言葉を肝に銘じておくだけでも、かなり勝ちやすくなるのではないでしょうか!


「一隅を照らす」田上公明の仕事
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村
  • 2009.03.07 Saturday
  • 23:26

上達のコツ

客観的に  

 みなさんは、外人コーチや有名選手の「ワンポイントクリニック」のようなものを受けたことがありませんか?

 このときのコーチは、あなたとは初対面であなたのことはよくわかっていませんが、逆にだからこそ、客観的に観えて、感情を交えてアドバイスしたりしないので、「ラケットを早くひいて」と、そのコーチが言えば、それ以上の深い意味はないので、

 選手も「あーあ、そうなんだ!ラケットを早くひいてみよう!」と、素直に実行するので、すぐうまくなっちゃうわけです。


「一隅を照らす」田上公明の仕事
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村
  • 2009.03.06 Friday
  • 00:24

上達のコツ

客観的に 

 コーチングでも同じようなことがいえるのです。よくわかっている選手にアドバイスするときに、どうしても主観的になってしまいがちになってしまうのです。
 
 「はやく、ラケット引かんかい!」なんて怒鳴り散らしてるコーチがいたとします。

 まわりのひとからは「まあ!なんて熱心なコーチなんだろう」なんて見えてしまうようなケースで、選手がなかなか伸びない場合があります。

 どうしてでしょうか?

 この「はやく、ラケット引かんかい!」の中身は、
 「何回言ったらわかるんだ!これほど俺が一生懸命言っているのに…」
と、いうようなことがあるわけです。

 受け取り側も、もちろん「ラケットはやく引かなきゃ!」とは思っていますが、真意は「コーチ怒っているなあ!」なんです。

 具体的なイメージの指示がないので、「はやく引かなきゃ!」と思えば思うほど遅くなるのです。

 「いかにしてコーチの怒りを抑えようか?」といらないことに集中してしまったりするものです。


「一隅を照らす」田上公明の仕事
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニ<a href=にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村


スプレーヤーへ" />にほんブログ村>
  • 2009.03.03 Tuesday
  • 21:38

上達のコツ

客観的に…

 大学4年「コーチ修行」時に、当時中学3年だった「神尾米」と練習マッチをしました。

 ベースラインでの打ち合いをしていると、打ち負けるのです。振り遅れるのですね。

 そこで、自分は「振り遅れるな!」と自分に何度も言い聞かせるのですが、ダメなんです。

 その試合を外から見ていた友人コーチが「だって、田上!ラケットの引きが遅いもん!!」と客観的に言ってくれたのです。

 私は愕然としました。自分としては、ラケットの引きは早くしていたつもりだったのに、できていなかったのです。

 自分自身の現状を身体意識を研ぎ澄まして、把握していなければ、上達は
ないのです。やっぱり自分の世界にはいちゃって客観的に観れなくなるわけです。

 ですから、ひとつの結果に対して評価をしないで、自分の状態というものを感じてほしいのです!

「一隅を照らす」田上公明の仕事
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村
  • 2009.02.15 Sunday
  • 07:04

試合

マッケンローの本  勝つための試合前スケジュール

 1.試合前の準備をきちんと組み立てることが、強くなるための絶対条件だ。
⇒まさに金言。試合から遠ざかると組み立てられないものです。

2.試合前に、十分気をつかい、手順を一定化することが大切なのだ。

⇒昔なつかし「エメロンカップ」でサーブを決める‘トス”のかわりに、日本独特の‘羽子板”を使った‘はねつき”でサーブを決めようと企画して、選手から(ナブラチロワ、エバート)総スカンをくったらしい。テニスに似ているから余計に悪いのだ。フィーリングが狂ってしまう。

3.プレー寸前の五分間は、コートや環境に慣れることを一番にすべきだ。

⇒「自分のプレー」のことではないのですね。


「一隅を照らす」田上公明の仕事
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村
  • 2009.02.07 Saturday
  • 06:51