Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

勝つってこと

まずは…

 コートに入れ続けたら、その間負けないわけです。勝てるかどうかは、相手次第ですが…。5本いいショットを入れ続け、6本目にわずか10センチアウトした瞬間、失点が確定されてしまう。いくらその前に5本いいショットが打てたとしても…。それがテニスなわけです。

 まずは…
 入れること。

 6:00出発の電車の切符を持っていたら、まずは、6:00に間に合うようにしますよね。その時間に乗り込めることが目的。化粧してて、遅れてしまったらもともこもない。化粧もそこそこにまずは乗ること。

 駅に確実に早く着くために、タクシーに乗ろう!っていうならいいんですけど、化粧もしっかり、電車のなかでお腹もすくだろうから、駅弁買って…

 なんてことやっていたら、電車出てしまいます!

 コーチから勧められた新発売の弁当を買うのではなく、タクシーを習ってください!


 「一隅を照らす」田上公明の仕事
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ
にほんブログ村





にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
にほんブログ村
  • 2008.10.22 Wednesday
  • 08:55

上達のコツ

狙いがあるから…

 行き先が決まっているから、「この電車に乗ろう!」ということになるわけで、決まっていなければ、乗りようがない。

 テニスでは、狙うところがあるから、打点が決まる!クロスに打つと決めたら、自然に打点が前になる。

 ‘打点がバラバラ”という人は、けっこう狙いが定まっていないのかもしれない。


「一隅を照らす」田上公明の仕事
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ
にほんブログ村





にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
にほんブログ村
  • 2008.10.19 Sunday
  • 06:16

上達のコツ

フットワークはこだわり

 あそこのラーメン屋がとってもうまい!あ

そこでなきゃラーメンはダメ!

と思うから、数あるラーメン屋を飛び越えても遠くまで足を運ぶ。

何でもいい、食えりゃいいとなれば、家にあるカップラーメンでも食べて、すませてしまう。


 テニスにおきかえると、

まず固定打ちで、打点"打ちたい"を感じる。

ラーメンでいったら"食べたい"ということ。

この"打ちたい"に徹底的にこだわる

"打ちたい"を感じるには、ボールに上手く入っていけないと感じれないので、おのずとフットワークは良くなる。


「一隅を照らす」田上公明の仕事
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村





にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村
  • 2008.10.06 Monday
  • 10:41

テニスのこころ

後悔と反省

 コップに残った水を捨てなければ、いくら”おいしい水”を後から注いでもに

ごってしまう。


 テニスにおきかえれば、ミスを忘れること。

ミスしたというマイナスイメージを捨てないと、いくらプラスイメージをいれてもスッキリしない。


 後悔と反省の違い


 後悔〜「あーあ、なんでミスしてしまったんだ。こう振ったからだ。」

 反省〜「あーあ、なんでみすしてしまったんだ。こう振ったからだ。よし、今度はこうしよう!こんなふうにボー

ルを飛ばそう!」


 後悔は誰もがする。その後、よいイメージを沸かすところまでやらないと反省したことにはならない。

 失敗したら、それについてどうのこうの言わない。それよりも成功イメージを沸かすこと。

 「小さいな」…×

 「大きく打つ」…○


「一隅を照らす」田上公明の仕事
にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村





にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へにほんブログ村
  • 2008.10.04 Saturday
  • 09:17

テニスのこころ

発達はない

 子供と社会人テニスの違いは、「発達がない」ということです。

上達が発生しないということです。

 そうです!やっていれば、自然にそのうち上手くなるさ…は幻想です!


 発生しないのですから、突然…なんてことはないのです!

学生には、それがあるのです。

突然、なにかのきっかけで、グッーと上達することが…。

本人の意識あるなしに関わらずあるんです!


 我々、社会人は、課題を意識化して、それに取り組んだ時に達することが出来るのです。(絶対上達できるかはま

た別問題だが…)


 しかし、もし上達できたなら、発達よりも‘上”の価値があるってことです


 ランク別大会で‘卒業”したかったら、「覚悟」を決めることです。




 
『一隅を照らす」田上公明の仕事
  • 2008.09.30 Tuesday
  • 10:01