Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

テニスのこころ

なんとかするんだ!

JUGEMテーマ:スポーツ


1回戦で、優勝したペアに当たってしまうと、厳しいですねぇ〜!(泣き)

いくら、技術だ!フォーメーションだ!なんて言ったところで、

ボールの威力に、相当差があれば、“技”どころではないのです!

これも”テニス”なのですね!

これは、どのレベルにおいても、それぞれ”次なる壁”というものがあり、

これは、どうあがいても勝てるわけないじゃん!!

という試合を経験するわけです。

体力が違うから…。経験量が違うから…。年齢が違うから…。

理由はいくらでも出てくるものです。

そして……

しゃぁ〜ないわ〜!

と、あきらめるのがふつうでありましょう!

ここで

敢えて反論します!

四方八方塞がり状態、どう考えてみったって勝てるわけない!

その塞がった状態に、なんとか針の穴ほどの風穴を開けるのですよ!

それがスポーツ!


世の中すべてといっていいほど、

科学科学じゃあないですか!

いやいや、

何が起こるか分からない!

が、頻繁に起こるのがスポーツなんだ!

だから、やっていて楽しいし、観ていて楽しいのです!

わかったような理屈コネ回して、納得してちゃいかんのです!

120パーセント勝てないとわかっていても、

なんとかする!

それがスポーツ!テニスだっ!
  


「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2010年10月24日に加筆


なんとかポチっと!するんだ

人気ブログランキング


「田上庭球塾」<オンライン”おしゃべり会”>

オンライン(ZOOM)で”おしゃべり会”しましょう!

6月29日(月)14時〜
無料

お申し込みはコチラ
  • 2020.06.23 Tuesday
  • 15:48

試合

いきなりゲーム!

JUGEMテーマ:スポーツ


質問に答えます!

「朝イチで、いきなりサーブの練習はきついんですが…」

ハイ!そうですよね……。

これから寒くなると、肩もあったまらなくて、ゆっくりミニラリーからって思いますよね。

しかし、現実、いきなりゲーム!ってこと多いですよね。

ですから、そういった設定で、練習を進めていくことも大事だと思います!

要するに、

最悪のコンディションを、常に意識しながら、練習する必要があるのです!

からだもほぐれて、バッチリだからゲームをしよう!ではなく、

ゲームをしながら少しずつほぐしていく……

そんな工夫が<女子連テニス>には必要です。



「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2010年10月21日に加筆


いきなりポチっと!

人気ブログランキング

無料体験レッスン実施中!
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2020.06.22 Monday
  • 10:12

試合

戦術どころではない!

JUGEMテーマ:スポーツ

ご質問にお答えします!

「センターサーブ(サーバ―がセンターマ−クからセンターに角度をつけないでサーブをいれて、リターンの角度がつかないようにして、サーバーパートナーがポーチを狙う戦術)は、自分のサーブが威力ないと、サイドが空いてしまって、逆に苦しくなってしまうのですが…)」


ハイ!その通りでございます!

ボールの威力がなければ、戦術どころではない!
ということもテニスの本質です。


<女子連テニス>で、”球の威力は大したことがない”というほとんど多くの方、

(そうでない方は、このブログは対象外になっておりますので……)

戦術と言っても、あまりにこだわりすぎると、いいことありません!

たまに、その戦術通り上手くいくこともあるので、余計にやっかいなものです!

球の威力をつけることに限界がみえてくると、

どうしても、戦術的なことに方向がいきがちなのです!

「ここに立っちゃダメ!」

「あそこに打たなきゃダメ!」

……と、何度も言い聞かされていくと、ドンドン楽しいテニスでなくなっていきます!


「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2010年10月20日に加筆


ポチっと!どころではない

人気ブログランキング

012.JPG

「田上庭球塾」ホームページ


<塾生の声>

・あふれる球出し。

 ショットを調整し、みがいていけます。

・「田上塾」に通ってから、打てるようになったボールがたくさん!

・レッスンだけど、クラブに入っているような楽しく打ち溶け合う雰囲気!


  • 2020.06.21 Sunday
  • 12:47

試合

スーパータイブレーク

JUGEMテーマ:スポーツ

「全国レディース 千葉予選」は、3セットマッチだったんですが、

3セット目は、スーパータイブレークなんですね!

「3セットマッチしてこそ、ほんとうのテニスの勝負!」

とは、今でも思いますが、

ある意味、実力のあるもんが、確実に勝ちやすい試合形式ともいえます。

コートがオムニになり、試合の展開が長くなり、ノーアドになりました。

この「ノーアド」は、実力のあるもんが勝ちやすい試合形式ですよね!

試合後のコメントで、「40−40」まではいくんですけど…

って話で、

とられちゃって番狂わせ…

って話は少ないですよね!ほとんど聞かないです。

「40−40」まではいくんですけど

あと一本くれないんです!

テニスってなかなか連取するって、

実力差がないとむずかしいことのようで、

弱い者は、なんとかデュースにもちこんで、しぶとくゲームをとっていけ!

なんていってたもんですが、

「ノーアド」は、”弱肉強食”システムです!

そして、この「スーパータイブレーク」は、

3セットマッチならば、

弱い者にも勝機があるシステムのようです!


あるA様に聞いたところ、

初戦、D級の人との対戦で、

初戦での立ち上がりのリズムがイマイチで、

おまけに、相手の球が、

ホワーンとしていて、

「えっ!いったいなにがしたいの??」ってボールで

合わない合わない!

で…あっというまに「2−4」

ここで、あとの展開を想像したら

さすがに焦ったそうです!

なんでかって?

もし、この1stセット落としてしまったとして、

従来の3セットならば、あとの2セットしっかりとればいいさ…

と思えるのに

3セット目がスーパータイブレークでは、

なにがおこるかわからない!!

確かに!そうですよね!

この試合形式では、弱いもんは、

とにかく1セット目を全力で取りにかかれ!


「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2010年10月15日


スーパーポチっと!

人気ブログランキング

DSCF0816.JPG
無料体験レッスン実施中!
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2020.06.20 Saturday
  • 14:48

上達のコツ

コントロールが先か、威力が先か?

JUGEMテーマ:スポーツ


コントロールとボールの威力。

どっちも大事ですよね!

どっちかじゃなくて、どっちも、バランス良く高めていってほしいものです。

「とにかく、バンバン打って威力を出そう!そのうち入るようになるさ!」

これは、球出しをやっていると、わかるのですが、

「このひとは、全然狙って打っていないなぁ〜!」

ということが、直感的にわかるもんです。

よく、スタッフ部屋では、話題になることがありますから、

他のコーチも、感じることなんだと思います。

そんなひとに、スマッシュでも、ぶつけられたりしたときには、

むかッ!

このひとが、集中力が高まれば、結局のところ、コントロールも、上手くいっちゃうんでしょうけど……。

でも、そうそう簡単に集中が高まるもんでもないとなれば、「狙う意識」も必要な気がします。

反対に、

「入らないのは、フォームのせいだ。よーし!フォームは完璧にした。これで入るだろう!」

これも、入りやすくなるかもしれないが、やはり、狙う練習を繰り返さないと、入ってくれません!

そんなに言うなら、

「ええい!もう超置きにいちゃう!ボールにハエがとまっちゃうスピードで!」

これでは勝てません!

だから、

”コントロール””威力”どっちも大切なんですね!

ただ、効率を考えると、

フォームを作りました→よーし!狙っていくぞー!

というよりも

絶対そこに打つぞー!と、やり続けたら→どうもこんなフォームが自分に合っているようだ。

が、いいようです。

そのうえで、威力(イチにスピード、二にスピン)が足りないようであれば、

フォームを修正するということになるようです。

*今回の”コントロール”という言葉は、”プレイスメント”の意で言っています。
 「集中できればボールが意のままに、コントロールできる!」って場合は、”プレイスメント”と”威力”両方を 含めて、自分のイメージ通り打てるという意味です。


「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2010年10月5日


ポチっと!が先

人気ブログランキング

faceup_1.jpg
塾生1人空きます!まずは、無料体験レッスンからどうぞ〜!
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2020.06.19 Friday
  • 09:31