Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

試合

決めようとするとミスする

JUGEMテーマ:スポーツ


勝利への段階として、

まず、第一段階は、

ミスばかりで、すぐに負ける

次に、

決めようとするとミスする

この第二段階では、

すぐには負けませんが、結局勝てません!

やっぱりミスすると勝てないようです!

なので、

次の第三段階にいくには、

決まんなくてもいいから、ミスするな!

…なわけです。

もちろん、決めにはいきますよ!

決めにもいかないで、ただつないでいろ!というわけではありません!

決めにいくけど、決まんな〜い!

という段階があるということです!

一発で無理なら、二発!三発で!

ひとりで無理なら、2人がかりで!

な〜んてことをくりかえしているうちに、

なんとか簡単に勝てる相手に、えらい時間がかかって勝てるようになります!

これが、第三段階です!


「田上庭球塾」ホームページ


DSCF0719.JPG
  • 2018.01.22 Monday
  • 10:22

試合

雁行陣か?平行陣か?

JUGEMテーマ:スポーツ


陣型で、”絶対”はないので、

まずは、じぶんが前衛・中衛・後衛やりたいものをやっていく!

やりたくないことを無理にやっても、うまくはいかないでしょう!

ですが、

やりたいことと、ポイントがとれることが一致しないことがあります!

ここは、よ〜くペアさんと話し合って、乗り越えなければいけないとこですね!

後衛をやっても、打ち負けてしまう→ボレーは得意ではない

…といった場合に、

後衛に残って、ストロークに磨きをかけるのか?

中衛を取り入れて、慣れていくのか?

それに合わせていく前衛も、

ペアさんが中衛だと頭上もとらないといけませんしね(縦守り)。

陣形に絶対はないので……。


誰でも単発で受講できます!
田上塾「スポットレッスン」


DSCF0717.JPG


  • 2018.01.17 Wednesday
  • 21:39

試合

平行陣も小さな雁行陣

JUGEMテーマ:スポーツ


10年くらい前から、雁行陣ですすめていくペアが増えてきました。

<女子連テニス>の場合の平行陣は、

二等辺三角形陣型(クロス側が詰める)は、採用できないので(深いロブへの対処が弱い)、

平行陣といっても、必ず、ストレート側が前に詰めている、ミニ雁行陣を敷きます!

なので、

前衛-後衛の雁行陣の後衛が、前にズレたものとみなせば、

とりたてて、平行陣と雁行陣がまったく別のものとは、ならないようです。

後衛がネットにつくといっても、

サービスライン付近(デッドゾーン真ん中から、前にいってもサービスライン一歩前まで)に、

ベースラインに立ってたものが、前にズレて立っている……ととらえて、

前にズレれば、そりゃ空中で打つことが増えるわな……っていう乗りで、ボレーを打つ!

ストロークがボレーに変わっただけ……。

デッドゾーンにいれば、パートナーの頭の上もそこそこ取れる、ロブカバーもやぶさかではないくらいで……。

……とかいって、

20年前から10年前までは、とにかく無理やりでも、

勝ちたいのなら平行陣

としていたのでした……。

なぜ、それが成立していたのか?

ストロークがまともに打てなかったからです!

学生時代にテニスをしていた人が少なく、

主婦になってからテニスを始めた人も多かったからです!


学生時代、雁行陣ダブルスをしていて、それに慣れているひとは、

ボレーよりもストロークなんでしょうし、

特に、サービスライン付近のボレーね……。

大体が、”中衛”なんて概念がないし……。

ここいらへんの、

”考え”やいままでの”経験”で、

十人十色になってくるでしょう!

みんな違って、みんないい



「田上庭球塾」ホームページ




  • 2018.01.15 Monday
  • 21:16

試合

6割取れればよい

JUGEMテーマ:スポーツ


テニスは、相手がいる"対人スポーツ”です!

あなたが、

勝ちたい!ポイントとりたい!こうしたい!あーしたい!

と思っているってことは……

相手も同じように思っているってことです!

…なので、

全ポイントをとることはできないし、

半分は取れる……5:5が前提になっているってことですね!


あなたが、

ボールをつくって、パートナーが鮮やかに決めた時に……

相手が、

うーん!ミスっちゃった……ダメダメったらわたし!

って自分を責めていたら、

いやいや〜

いまのポイントは、こっちがうまかったからでしょ!

………って感じる時があると思います!

こんなときは、

じぶんを責めている相手は、

じぶんを責めすぎなわけです!

そうやって、

自分たちの調子を、自ら落としていく……

自滅の始まりですね!


相手にうまくはめられて、ポイントを落とした時に、

どうやったらよかったのですかね……?

って聞いてくるひとがいますが、

避けられる場合もあるでしょうが、避けられない場合がほとんど……(泣き)

相手がうまい!凄い!ナイスショット!

てな具合で、済ませていい場合もあるってことです!

なんせ、

5:5が前提ですから……。


「田上庭球塾」新ホームページ

  • 2017.10.24 Tuesday
  • 17:02

試合

相手がなにをしてくるのか

JUGEMテーマ:スポーツ


相手がなにをしてくるのか?

……に興味をもつことが大事です!

なにをしてくるのか……

…が、わかるのだったら、

次のじぶんのショットをやるのに、

楽になりますね……。

極端にいったら、

球出しと一緒です!


だから、

まずは、

相手がなにをしてくるのか?

…に興味を持ちましょう!

読んでみましょう!


当然、

最初は当てずっぽうです!

それでも、

始めていかなきゃ!


ポチっと!も始めていかなきゃ!

人気ブログランキング

にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村

DSCF0712.JPG
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2017.06.23 Friday
  • 23:06

試合

どんなプレーをしたら

JUGEMテーマ:スポーツ


たとえ一回戦で負けたとしても……

どんなプレーができたら……

後悔しないのだろうか?


本番試合を前にしているあなたへ……


ここをハッキリさせておきましょうか!




141日ぶりに復活!
ブログ「女子連テニス上達のカギ」

人気ブログランキング

にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへにほんブログ村

ブログお休み中もさらに精力的にレッスンしてました!
「田上庭球塾」

001  テニスオフ顔写真.jpg
  • 2017.04.09 Sunday
  • 07:35

試合

フォーメーション

JUGEMテーマ:スポーツ


きょうは、「スポットレッスン」の日!

この”秋の陣”では、

「戦術 30」と題して、戦術練習していま〜す!


いざゲームとなったとき、

平行陣フォーメーション(陣形)的なことでいえば、

基本的なフォーメーション(ストレート側が前、クロス側が後ろで段差をつける)の徹底と

臨機応変に対応できる考えの柔軟さ、元のポジションに戻る速さ、相手が打つときには構えをつくる!

……な〜んてことになります。


その基本的なとこ……段差をつけるがわかってはいるんだけど……

いざゲームになるとボヤけてしまう……。


相手に下げさせられたら……クロスに返す!

相手に前に出させられたら……ストレート!


じぶんが前に出ていきたかったら(攻めモード)……ストレート!

じぶんが動きたくなかったら……打ってきた相手に戻す!


ペアさんに絡んでもらいたかったら……クロス(センター寄り)

後ろにいたペアさんが、前に詰めてきて、じぶんを追い越しそうになったら……下がる(陣形替え)


ここいらへんを押さえておくと、ごちゃごちゃしにくくなります!

でもコーチ!(出ました!)

わかっているんですけど、いっちゃうんです(反対に)


う〜ん!

ホントに余裕がなくっていっちゃうのは、仕方がないとしても、

多くのイマイチさんは、

コースを決めるのが遅いのです!

ボールに対応するのに、夢中になっていて、

このボールをどこに返すのか、決めてないって方も多いですよ〜!(成り行きまかせ)


先に「これはクロスに返す」と決めてから、追い始めるのか?

追い始めてから「クロスに返す」と決めるのか?


ポチっと!すると決めてから読む
人気ブログランキングへ

にほんブログ村


「スポットレッスン」<戦術30>単発で参加できます!
PCの方は、このブログの右側に、
スマホの方は、下にスクロールして、

「テニスオフネット」からどうぞ!

DSC_0222.JPG






  • 2016.10.20 Thursday
  • 15:37

試合

試合をする

JUGEMテーマ:スポーツ


試合に出て、

負け続けると、

もう試合は出ないわっ!

…とばかりに、

レッスンに逃げ込むひとがいます……。

負け続ける……

いわゆる”壁”なんですが、

この”壁”を越えるために、

どうやったら”壁”を越えられるのだろう……??

と、レッスンを受け、コーチに教えを請い、

”壁”研究しても越えられません!

”壁”に詳しくなるだけで、

余計に、”壁”って簡単じゃないんだな〜。いまの私には、無理じゃないかしら……。

…と”壁”をより大きくしがちです!


”壁”をなんども越えようと、チャレンジすることで、

実際に”壁”の実態がわかり、工夫できるのですから、

試合に出まくるしか、”壁”を乗り越えられません!

負け続けることです!

そのペアさんとともに……あ〜ん!そこが難しいのか!(笑)


ブログ再開で〜す!久々にポチっと!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村


「ランクアッ部 2016-17」登録メンバー募集!

対象 来春「ランク戦」に挑戦し、ランクアップをめざす方(女子連CD級)

10月から5月まで

単発申し込み、出席回数自由

6名/回、¥2900/回

松戸テニス倶楽部(松戸市金ケ作254)オムニコート

13:00−15:00

年内スケジュール
09/27(火)
10/13(木)、18(火)
11/01(火)、10(木)、22(火)
12/01(木)、20(火)

お申込み、お問い合わせはコチラ

DSC_0222.JPG

いよいよはじまりますよ〜!昨年は「桑名杯」2名卒業!

  • 2016.09.03 Saturday
  • 15:26

試合

その試合に限って

JUGEMテーマ:スポーツ

けっこうイケる!と思っていたのですが……。

その試合に限って、

緊張してしまって……

ビビってしまって……

な〜んか乗らなくって……

というような精神的なものに、敗因を求めがちですが……。


その試合の現場で、

気持ちも技術もピークに持っていけるような”コツ”みたいなものは、

あるのでしょうが、あとから考えても”あとの祭り”です。


それよりも、

やっぱり、

どれだけしっかり準備できたか?です!


準備ができたから、ピークにもっていきやすい。

もしくは、

本番では、

ピークなんか遠く及ばず、半分しか実力出せなかったけど、

準備が上手くいっていたので、

持ち点が高くって、結果、勝てた!

みたいなものです!


ポチっと!準備なしで!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村


  • 2016.04.29 Friday
  • 16:36

試合

サービスダッシュ

JUGEMテーマ:スポーツ

ひところに比べ、

雁行陣ですすめていくペアが多くなりました!

さて、

そのひところにサービスダッシュを多用していたペアは、

どうする??


そのころは、

しっかりトップスピンでリターンしてくる相手もいなかったし、

とにかく、”ネットをとったほうがポイントがとれる”

ということで、

サービスダッシュが習慣づいていたから、

なんの疑問も持たずに、ただやっていた……。


なので、

怖いものしらずの面もあって、

”攻めの気持ち”をもってサービスダッシュできたのでしょうね!


さあ!ここで最近です!

相手がしっかりトップスピンで打ちきれるリターナーだとしたら??


気持ちが引けてでの、ステイだとしたら、やっぱり相手ペースでしょう……。

ステイするのであれば、ストロークをするわけですから、

しっかり振りきれる状態になるように、足もつかっていきます!

ここで”ストロークをする覚悟”がないと、

中途半端な”合わせるだけ”の返球になってしまいます……。


”合わせるだけ”なら、ネットについたほうがまだマシでしょう!

えっ!でも、コーチ!

サービスダッシュしたら、やられてしまいます!

う〜ん……そうですかぁ……。

やられてしまう!と思っていたら、

やられてしまうでしょうから、サービスダッシュやめておきましょう!(笑)


そんでもって、

ステイしていてポイントがとれれば、オッケー!なのですが……。

ステイではポイント取れなければ、やっぱり出るしかないです!

”ワンステイ”とか……。

ネットについて、

1本ポイント!1本失点!

そして、そして、

1本こっちがネットについたのが、相手にプレッシャーになり、

相手が失点!

このくらいだったら、やっぱりネットにでるべきです!


えっ?

3本とも取ろうとしていたの??

だから、

2本取られちゃうっての!(笑)


ポチッと!も強気で
人気ブログランキングへ


にほんブログ村

「田上庭球塾」ホームページ

スキャン0004.jpg




  • 2016.04.14 Thursday
  • 12:26