Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

<女子連テニス>概論

薄く広く→深堀徹底

「<女子連テニス>のシフト変換キーワード」

ふたつめは、

”薄く広く”→”深堀徹底”です!

結局のところ、試合本番では、

”自信がある技術”しか使えません!

自信がつくまで、繰り返し練習するしかありません!

理屈なんかいりません!知らなくても打てればいいんです!

いろんな技術が使えるほうがいいに決まってますが、

どれも”自信のない”ものばかりでは、試合で使いようがないわけです!

スクールでちょっと教わって、できたつもりになって、試合で試してみると、

ミス連発!

いちいち落ち込むなぁ!

打ちこみが不足してるだけですよ!

すぐ、

どうしたらいいんですか?

って聞くけれども、

ほとんどが、単純に練習足りないだけ!が多いですよ!

それから、コーチからヒントをもらって打てるようになった!

よし!言われた通りに……

って意識してるうちはまだまだですよ!

フォームに意識いっちゃうと、

こんどは、ボールが観えなくなっちゃう!

テニスは、

絶対無二の一球

ですからね!おんなじボールじゃないのですから…!

そのボールが、どんなんだか、よ〜くわからなきゃ打てませんもんね!

これがコーチの言われてる通りやってるのに……。

って話です!


自信がつくまでポチっと!

人気ブログランキング

DSCF0738.JPG
「田上庭球塾」塾生空きがひとり出ました!
まずは無料体験レッスンどうぞ!申し込みはコチラ
  • 2018.06.20 Wednesday
  • 16:21

<女子連テニス>概論

理想→現実2

要するに 、

”正しいフォーム”を求めすぎない!

ってことです!

”正しい”より”じぶんに合っているか?”がポイントです!

しばらくやってみて、なんか”ピンと”こないなぁ〜。

っていう場合は、

あなたにとって、

その”正しいとされているもの”が、合っていないことなのかもしれません!

「4スタンス理論」の有効性はともかく、

少なくても、この理論に接してきて、

「やっぱりタイプってものがあるんだな〜!」

ということは実感できました!

ある打法で、有効とされるものがあったとしても、

3/4のひとは、やりにくいと感じてしまうものということなんですね!

ホントのところでは、じぶんに合ってないものを、練習によって身につけていく。

もちろん、数をこなしていけば”身につく”ことは可能だとは思いますが、効率を考えるとどうなのかな?

下手すると、有効なのだが有害ってこともあるわけです!

たがみコーチは、ぶっちゃけ”フォームはいらない”と思っています!

そして、

すでに

”ある””持っている”

としています!

それを引き出すことがコーチの役目と思っています!

そうはいっても、

その”持っているもの”の

<完成度>は低いものかもしれませんが、

練習していく中で、

”じぶんのもの”を使っていくので、ストレスは少ないですし、

<女子連テニス>の試合の中では、

その完成度で充分足りることが多いのではないのか!

そりゃ少しでも”いいもの”にできたほうが良いに決まっているが、

努力対効果を考えるとどうなんだろな?って思います!

要するに、

"返ればOK!"

そこで、もしさらに質のいいものに変えたければ、

自分の型で、打ちこんで磨いていくことで質をいいものにする。

名コーチにヒントをもらい、たとえ劇的に質が変わったとしても、

身につけるには、繰り返しが必要なのは言うまでもありません!



あなたにはポチっと!が合っている

人気ブログランキング

DSCF0738.JPG
「田上庭球塾」<スポットレッスン>「夏の陣」

「夏の陣」は、プライベートレッスンやりま〜す!
じぶんの課題を取り出し、徹底練習!
とってもとっても暑い時間ですが、しごき練習ではなく、マイペースでできます!
レベルは問いません!誰でもどうぞ!
月・火・木・金
1時〜2時
¥6000

随時受付中です!お申し込みお問合せはコチラ
  • 2018.06.18 Monday
  • 18:34

<女子連テニス>概論

理想→現実

2012年に、そのときのたがみコーチの考え方をまとめた

「<女子連テニス>概論」

ってのが、あります!

この改訂版を何回かにわけてブログします!

その1
「理想→現実」シフト変換


テニスの試合って、
相手がいるスポーツなんで、
じぶんの理想をやることが、そもそも難しいわけです!

試合の現場で、
理想を追いすぎると、
現実が観えにくくなります。


ポイントを取っているのに、
じぶんの理想どうりいかなかったと、
ギャップを感じていて、
現実を感じていない!とか、

理想どうりの打ち方をして、大満足!
でもジャストアウト!
もしくは、相手の得意なところへ……とか。


勉強に例えたら、
解き方の公式だけ、必死になって覚えようとしてるけど、
問題をよく読んでいない……みたいな。

いい打ち方をしようという意識が、
”いま”
を感じさせにくくするのです!



練習でも、
こういった打ち方がいいですよ〜!
といった、
メソッド的な覚え方もいいのですが、(否定してません)

「ちょっと!そんなことより、このまえの連続ダブルフォルトなんとかしてよ!」

……というような光景もよく見受けられるのです!

現実のじぶんの試合ぶりを反省して、
足りないところを即打ち込んでいく!
課題を課題ってわかっていながら、
そのまま放置しないってことが、
いちばん大事なわけでしょ!


スクールが、けっこう野放し系なら、
じぶんの課題をこなしていけるわけですが、
がちっと束縛系だと、
じぶんの課題は練習できないわけです!
そして、じぶんの課題を練習せずに、
また試合へ……。

という展開になると、課題は克服できないまま、経過していきやすくなります。

もちろん、メソッドが身についてきて、全体がレベルアップして課題も克服できちゃった!ってこともあるのでバランスなんですけどね……。

メソッドは、じぶんに合ってないことも無理やりやるってことも大いにあるので、ムダも多いわけです!

それよりは、試合をこなし、反省して、じぶんの課題を取り出し、課目を考え(メニュー)、くりかえし打ち込む!
そしてまたつぎの試合に臨む……。

っていうことのほうがムダはないです!


理想ではなく現実にポチっと!

人気ブログランキング

alt="DSCF0738.JPG" class="pict" />

「田上庭球塾」<スポットレッスン>「夏の陣」

「夏の陣」は、プライベートレッスンやりま〜す!
じぶんの課題を取り出し、徹底練習!
とってもとっても暑い時間ですが、しごき練習ではなく、マイペースでできます!
レベルは問いません!誰でもどうぞ!
月・火・木・金
1時〜2時
¥6000

随時受付中です!お申し込みお問合せはコチラ


  • 2018.06.15 Friday
  • 15:10