Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

試合

勝ちやすい<負けにくい

JUGEMテーマ:スポーツ

どちらが強いかといえば、"負けにくい"ほうが強いです。

要するにミスしないこと!

"勝ちやすい"は、エースをどんどん狙っていく。

リスクを背負って、チャレンジしていくので、勝ちやすいのですが、同時に負けやすいのです。

ですから、

一度勝った相手に、負けてしまうとか、

大物食いはできるが、とりこぼしが多いとか……。

ただ、つないでいるだけでは勝てない相手が、壁となって出てくるので、

”負けにくい”も、リスクを背負って、狙わなければならない試合もあります。

ラケットの性能が上がるにつれ、

現在のトッププロは、どんどんエースをねらっていく、

”勝ちやすいテニス”をしかも、高レベルでこなしています。

我々の<女子連テニス>にも、その攻撃的な”勝ちやすいテニス”の波が、少しずつ押し寄せてきています。

しかし、レベルが低いほど、まだまだ”負けにくい”が土台になるでしょうし、

そのほうが、末長く楽しめますし、

今、この時も、ラリーがつながって、楽しいわけです。



「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2010年10月4日

ミスなくポチっと!

人気ブログランキング

DSCF0815.JPG
塾生1人空きます!無料体験レッスンからどうぞ〜!
「田上庭球塾」ホームページ

<塾生の声>

・プライベートの時間に強化したいショットをみてもらえる。

 試合で自分の課題が見つかり、そこをやりたい時に、とても貴重な時間です。

・サーブから、リターンからの展開をたくさん練習できるので、実戦的です。


  • 2020.06.18 Thursday
  • 14:16

上達のコツ

普通に観ていて

JUGEMテーマ:スポーツ


技術は、たいしたことないが、フットワークが良くて、強い人はいるが、

技術が凄くて、フットワークが悪い、強い人はいない!

フットワーク>テクニック
やっぱり、手ニスではなく、足ニスですな…。

相手の打ったボールが、ネットインしてきて、

足を、一歩も動かさず見逃していたら、ヤバいです。

とにかく、2バウンドするまでは、アウトであろうと必死に追うことです。

このボールを追うことが、楽しくなくなってきたら、

テニスの上達もむずかしいでしょう!
練習マッチをしていても、必死にボールを追いかけてくれて、

それでも、届かなかったノータッチエースは、気持ちのいいもんです!

追いかけてくれて”試合になる”のです。



「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2010年9月28日

必死にポチっと!

人気ブログランキング

012.JPG
2020年7月塾生1名空きます!今がチャンス!
「田上庭球塾」ホームページ



<塾生の声>

・4スタンスで自分に合ったスイングで、楽しく充実したテニスを!!

・落ち込んだ時も、レッスンでたくさんボールを受ければ、楽しく前向きになれる!

・メンタル強くなれます。


  • 2020.06.17 Wednesday
  • 10:07

勝つってこと

女子連ジャッジ

JUGEMテーマ:スポーツ


この「女子連上達のカギ」ブログにも、アクセス解析っていうものが、ありまして、

「検索キーワード」解析で、どんな言葉で訪問してきてくれたが、わかるのです。

ここんとこ、多いのが、

「女子連ジャッジ」

「女子連アウト」

「女子連マナー」……

なんてのが、多いのです!

”オンラインは、アウト”

”スタンド側とは反対側に落ちるボールのジャッジは、アウトが多い”

みたいなことを指しているのだと思います。

はじめに、断っておきますが、

ごくごく一部の方において、

客観的に見れば、

“ジャッジが厳しい”を通り過ぎて、

“ジャッジが汚い”と

思われる方がいるようで、

大多数の方は、

コートマナーよろしくされていると思います…(断っておかないと…(汗))

また、”女子連”に限ったことではなく、

もちろん、”学生” ”男性”にもあることだとは思います。

ただ、検索キーワードで、

「女子連ジャッジ」 「女子連アウト」という

単語として検索されているのですから、特徴的なものなのでしょう。

”勝ち”にこだわりすぎ、

「勝たなければ意味がない」

「勝ってナンボノもん!」

…のようなところが、エスカレートするとこうなってしまうのかもしれませんが…。

当たり前の話ですが、

”コートマナーを守って”

”オンラインはイン”

なわけで、勝つためだったら、なにしたっていい!

ってことにはならないわけです。

”勝ちにこだわる”ことと、”コートマナーを守って”は、

矛盾することではなく、180度違うことではなく、

どっちか?ではなく、

どっちも!なんですね!


ぎりぎりまで、”勝負に徹底的にこだわり”

しっかり、”ジュニアの手本となるようにコートマナーを守る”




「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2010年9月25日

勝ちにこだわってポチっと!

人気ブログランキング

alt="faceup_1.jpg" class="pict" />
無料体験レッスン実施中!
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2020.06.16 Tuesday
  • 16:14

勝つってこと

勝負根性

JUGEMテーマ:スポーツ


大学の体育会テニス部で、勝負根性というものを、学びました。

先輩から、よく「おまえは、根性無しや!」って

しょっちゅう、言われ続けてましたから、勝負強いとは思ってませんが……。(泣き)

最初に驚いたのは、

「なあ、ほんとうに勝てる?!ベストを尽くしました!じゃあダメなんだぜ!!

勝たなければダメ!絶対に……!!」


という先輩たちのひとことです!

「ベストを尽くすのはあたりまえじゃん!勝つんじゃ!負けたらすべてが否定されるんだよ!」

一生懸命やればいい。結果はあとからついてくる……。

くらいにしか思っていなかった自分にとっては、価値観がひっくりかえりました!

ベストを尽くしても、負けたらダメなんです!

負けてもいいなんて思ったら、おしまいです!

よく大学時代は、

「あんな奴なんかに負けたら悔しい〜っ!」

という要素を探したものです!

「あんな変な顔をした奴に……。」

「相手は、東大で頭よくって、頭で負けて、テニスでも負けてどうすんの?」

「相手は、彼女連れてきてるぞー!あんなちゃらちゃらしてるやつに負けて、くやしくないの?」

……てな具合に、ベンチコーチは、選手にコンプレックス喝!をいれていきます!

松岡修造さんも言っています!

「そのとき、弱い自分が顔を出し、決まってこう言う……。

 「一生懸命やるだけだ!じぶんのベストを尽くせば、それでいい!」と。
 
 これでは絶対に勝てない!なぜなら、それは、自分への慰めにすぎないからだ!

 選手にとっては、自分の力を出し切って、ベストを尽くすのは当然のこと。

 でも、勝つためには特別な力、エクストラパワーが必要なのです!」


もしかしたら、このエクストラパワーを求めに、相手のアラさがしを、していたのかもしれませんね……。

いいですよ!「あんな奴」作戦は……!

でも、相手がホントにいい奴だと困ってしまいます!知り合いとの試合とか……。

だから、試合前に、相手と親しげに話すると、闘志がなくなってしまって、ダメですね!

「ベストを尽くすだけです!」は言い訳に過ぎない!

勝ちたければ、“勝つ”ことが目的であって、

“ベストを尽くす”ことがその手段であるということ。

“ベストを尽くす”ことが目的になってしまったら、

非常に勝ちにくいのかもしれません。



「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2010年9月19日

ポチっと!が目的

人気ブログランキング

DSCF0815.JPG
「無料体験レッスン」実施中!
「田上庭球塾」ホームページ

  • 2020.06.14 Sunday
  • 16:20

テニスのこころ

アマチュアはミスする

JUGEMテーマ:スポーツ


「アマチュアはミスする」〜“アマチュアゴルフの神様”中部銀次郎さんの言葉です。

田上のテニス観、考え方に影響をあたえた人物です。

「なんで?ゴルフの人じゃないの?」と思われると思いますが、

私自身ゴルフはしませんし、興味はありません。

きっかけは、大学時代のダブルスパートナーが、ゴルフをやり始め、

中部さんの存在を教えてくれました。

「アマチュアはミスする」

このひとことだけだったんですが、

なぜかひどくこころに衝撃が走りました。

プロは、何千、何万回と練習する。

アマチュアは、そこまで練習できない。

だからミスするのは、当たり前。


というような話だったと思います。

私自身、テニスのショットの打ち方は、

ある程度教えられるようになった。

しかし、どうやったら

勝てるテニスになるんだろう?!

勝つって何だろう??

と、悩んでいたころだったので、余計に響いたのかもしれません。

その後、著書を何冊か読み、

これはテニスも同じだ!

と感じ、じぶんのテニスの師のひとりになってしまいました。




「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2010年9月15日

アマチュアはポチっと!

人気ブログランキング

012.JPG
無料体験レッスン実施中!
「田上庭球塾」ホームページ

<塾生の声>

・4スタンスで自分に合ったスイングで、楽しく充実したテニスを!!

・落ち込んだ時も、レッスンでたくさんボールを受ければ、楽しく前向きになれる!

・メンタル強くなれます。


  • 2020.06.13 Saturday
  • 13:27