Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

<女子連テニス>概論

パワー→コントロールへ

JUGEMテーマ:スポーツ


<女子連テニス>シフト変換キーワード その4は、

「パワー→コントロールへ」

最初から

「”打てるひと”は決まってる」

この常識を破ったひとに、まだ出くわしてないので…。

もちろん、レッスン時にそんな”偏見”をもたないで、とりくんでいるつもりです。

<女子連テニス>の世界で、

「あのひと、急に球のスピード速くなって、強くなったわ!」

という話を聞かないので…。

まぁたまたま聞いてないだけかもしれませんが…。

”打てるひと”=”強打できるひと”ってことですね!

そのひとが、スマッシュすると、思わず腰が引けて、逃げてしまうような……。

元から、体力があるのか、

バレーボールのアタッカーだったとか……そんな背景もあったりするもんですが…。

一昔前までなら、そんな解釈でしたが、

いまでは、

30〜40歳代のテニス部だったひとは、しっかりストロークできますからね!

パワーテニスの波は、やっぱり押し寄せてはいるようです!


テニスは、能動的よりも受動的。”打っていく”というよりも、”打たされるもの”

という流れに乗って行きながら、

スピードが出ちゃう人は出せばいいし……。(あこがれちゃう!)

でも、

出ないひとが”出そう”と無理をしては、もったいないと思うのです!

ミスするリスクはもちろん、

余裕を多少は、もったなかで、かけひきや読み合い、外し合い、をすることのほうが大事だと思います。

そして、そして、

”出そう”としてる方には、申し訳ないのですが、

そんなリスクを背負ってる割には、”しれてる”ことが多いようです。(ゴメン!)

これは、テニス観に基づいてるところが あるので、

そんな風に観えてしまうということがあります!(色眼鏡ですね)

そんなことはないわ!打っていって何が悪いのよ!

っていうかたは、どうぞ打ってくださいね!(どっちやねん??)

”打っていくぞ”と、前提意識が変わるだけでも、スピードが出るものですから…。

たがみコーチが申していることも、”つなぎ”前提だからなのでしょう…。


ポチっと!打っていこうぜ!

人気ブログランキング

DSCF0738.JPG
入らなきゃダメ!でも入れにいくはダメ!
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2018.06.27 Wednesday
  • 11:11

<女子連テニス>概論

フォーム→タイミングへ2

JUGEMテーマ:スポーツ


いくら完璧にフォームをつくっても、

ボールが行き過ぎてから、振っても意味ないですし、

ボールが来る前に、振ってもダメなわけです。

ちょうどいいときに振る!

そう!

タイミングですよね!

いつ振るのか?!

まず、

どこへ打つのか?を決めますね!

決めていないと、打点も決まらないのです!

サーブで、トスが安定しないっていう悩みを持つ方がいますが、

これも、

どこにサーブを打つのか?

ゴールを決めないと、どこにトスをあげたらいいのか?決まらないわけです!


さて、

タイミングですが、ボールとの関係ですね!

人間関係とおんなじで、相手のことをよ〜く識らなければいけません!

そう!

ボールを観てないとダメなわけです!

この”ボールを観て!”

というフレーズは当たり前のようにつかわれてますが、

レベルがあるようです!

ボールがとまって観える!

ボールが大きく観える!

調子がいいときには、そんなふうに観えたりもするようです!

フォームを気にしてると、ボールへの意識がどうしても薄くなりますね!

その分、観るレベルは落ちてしまう。

観るから見るへ(見えてるくらいかな)。

テニスは絶対無二の一球なわけで、

一球ごと違うわけです。

勉強で言ったら、

毎回問題が違うわけですね。

よ〜くいわれたでしょ!

問題をよく読んでから、答えましょう!って!


いまがポチっと!のタイミング

人気ブログランキング

DSCF0738.JPG
"正しい”よりもひとりひとりに”合っている”を追求していきます!
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2018.06.26 Tuesday
  • 15:48

<女子連テニス>概論

”打てた”と”勝つ”

JUGEMテーマ:スポーツ


テニスの楽しみに、

”勝つ”ということと、

”打てた”ということがあります。

じぶんで”打てた”という、

打ちごたえ感、納得感、気持ちよさ感……etc

いくら試合に勝てたとしても、

やっぱり、

”打てた”というものは欲しいものです!

だからといって、

”打てた”から”勝てる”わけではない!

練習時間は、無限ではありません。

この”打てた”と”勝つ”の練習のバランスがだいじですよね!

どのレベルまで”打てた”感を求めるのか?

あまりやりすぎても、”時間のムダ”になりはしないか?

新たな気持ちいい”打てた”感が感じられたとしても、

それを”板につける”だけの練習ができるのか?

試合に使えないレベルだとするならば、試合にはまったく反映されないのだったら、トライする価値があるのか??

な〜んて、シビアにとらえることもできる……。


でも逆に、

試合では使えなかったとしても、

練習だけでも”打てた”感が味わえれば、たのしい事じゃないの!

ともいえます!

そう!

”技術を身につけていく”……お稽古ですね!

引き出しを増やす!プレーの幅を広げる!

テニスをテニスらしくプレーする!

”打てた”から”勝つ”ことにつながった……。

も、もちろん当たり前にあります!


ポチっと!感も欲しいとこ!

人気ブログランキング


DSCF0738.JPG
圧倒的な技術を身につける!「田上庭球塾」ホームページ







  • 2018.06.25 Monday
  • 18:14

<女子連テニス>概論

フォーム→タイミングへ

<女子連テニス>シフト変換キーワード その3は、

「フォーム→タイミングへ」


<女子連テニス>でやっていける程度

ということを、前提にすれば、

ほとんど”自己流”でも、けっこうイケると思います!

もちろん程度もんですけどね……。

なぜ、そういえるのかというと、

矯正しなくちゃならないものの多くが、

自分の感性を無視した、

外部からの指導や情報によって、

”作られたもの”に多いのです!

要するに、

”合ってない”のに無理やりやろうとして、やりきれてない場合。

からだの使い方がそもそも違うのに、そうしようとしちゃってる場合。

学生さんのように相当打ちこめば、”合ってないもの”だとしても、

ものにできるんでしょうけど、

なんたって、

若さがありません!上達はしますが、発達(上達が自然と発生すること)はありません!

それから、

量が足りません!あまりにおんなじ動きをやりすぎると、関節が痛くなります! (泣き)


現実を良く観てみてください!

もしも、フォームの絶対的な基本があるのだとしたら、

もうすこしぐらい、女子連大会参加者のフォームが統一されていてもいいでしょ!(笑)

バラバラも激しすぎるでしょ!

おんなじコーチに受けていたってそうです!

たがみに15年間同じレッスンを受け続けた、

おふたりがいるんですが、

まったくをもって、

まるっきり違うもんな!


それから、

”じぶんの試合ぶり”にとって、必要なの?ってことです!

そりゃ、高い打点で打った方がいいに決まってるだろうけど、

ライジングで打てなければ、

「桑名杯」卒業できませんか?

少し落として、力が入るところで打った方が、いい球が出ますよね!きっと!

スピンサーブがいりますか?

A級さんでスピンサーブ打ってる人、何人いますか?


ポチっと!自己流で!

人気ブログランキング

DSCF0738.JPG
「田上庭球塾」ホームページ
塾生1人空き有ります!まずは、無料体験!お申込みはコチラ
  • 2018.06.22 Friday
  • 15:03

<女子連テニス>概論

薄く広く→深堀徹底2

通常、グループレッスンでは、複数の生徒で展開するわけですから、生

徒の練習したいことも生徒の数だけあるので、

広くまんべんなく課題を とりあげていきます!

大会に出て、勝ちたいという方は、試合をやってみて、浮き彫りになっ

た課題をすぐさま練習して課題を克服したいはずです!

単純にここができてない!

って方が多いのではないでしょうか?

試合でバックハンドが、ミスばっかりでどうしようもなかった!

なので、ここでバックハンドたくさん打ち込みたい!って思いますものね…。

ところが、練習する場がグループレッスンだと、

そのバックハンドは9本だけ打ってみました……とか、

マンツーマンコーナーがあったとしても、

「コーチバックハンドがダメでした!」

「そうだったんですね!こう打ってみたら違いますよ!よくなるはずで
す!」

「あっ!ホントだ!さすが、コーチ!よくなったみたいです!」

って、一見よさそうですが……。

これって、プライベートレッスンで、たくさん打ってみて、

頭でも理解 できたし、身体でも覚えた!

なら、いいんでしょうけども…。

わずか、数分で何球も打ってないとなると、

ほとんど、コーチのコーチングのトレーニングであって、生徒の練習にはなってないわけです!

「うん!わかった!わかった!○○コーチさすがだな!」

って、実はコーチの練習でしょ!(笑)


そのあと、しっかり打ちこまないとダメですよね!

だから、みんなでコートとって練習するんです!

”地味練”  ”コソ練”ですね!


練習好きの仲間がいないとか、壁打ちなんかありゃしない!

となると、課題はわかってるのにスッキリしない!


グループレッスンのハシゴしても、球数打ちたいっていうところは、解決しない!

…どころか、

3人のコーチにアドバイスもらったら、みんな違うことを言ってくるし……。(汗)

たがみコーチのところへいってみたら、

そのままでいいんですよ〜!

な〜んて、ニコ〜って笑われて、なんか解せないのよね!(笑)


地味にポチっと!

人気ブログランキング


DSCF0737.JPG
「田上庭球塾」ホームページ

塾生1名空き有ります!まずは「無料体験レッスン」どうぞ!
申し込みはコチラ


  • 2018.06.21 Thursday
  • 15:03