Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

試合

盆栽テニス

 大会に出場して試合に勝つという楽しみではない、

 もうひとつの楽しみ方に、

 「盆栽テニス」というものがあります。

 自分自身こだわりを持って、美しく仕上げていく……

 たとえば、仲間内でゲームをして、

 昨日レッスンしたアングルショットがきまって、

 仲間があぜんとした…!

 実に、爽快!!

 う〜ん!ビールがうまい!やめられませんな…!

 勝敗は、二の次、三の次。

 キーワードは、

 「美しさ」


 勝ち負けより納得した打ち方をしたい、

 美しいフォームで打ちたい!
 

 じゃあ、大会に出て試合に勝つためにやるって……なぁ〜に?

 「盆栽」でなきゃ、なになに?

 「自然な森」ってことでどうでしょうか?

 テニスって、本質ゲームですから、

 本質ってことで、木で言ったら「自然な森」

 だから、「盆栽」のようにきれいに、はさみをいれて、

 なんてことは、あまり重要ではありません。

 どれだけエネルギーを持っているのか?ってことだけですよね

 テニスの技術の部分が、一本一本の木々だとすると、

 その見てくれだけではないのです。

 日常、仕事を持ち、そこで精進していれば、

 (森でいえば、風雪に耐える木々とでもいいましょうか?)

 たくましい木として、エネルギーを持つでしょう。

 自己流テニスで見てくれは、良くないかもしれませんが、

 打球のスピードがあるとしたら、

 存在感のある木でしょう!

 苦手なショットがあるとしたら、

 それは、やせ細った木かもしれません!

 「盆栽テニス」の方は、

 肥しを与え、なんとか育てようと頑張るのかもしれませんが、

 「自然な森テニス」の方は、

 大きな木(得意なショット)で、

 そのやせ細った木を

 人目につかないように工夫するでしょう!

 負けても落ち込まず、歌を口ずさむ人だとしたら、

 その森には、鳥がいるのかもしれません。

 そう!森のすべてが自分自身!

 木が集まったものが森ともいえるのだけど……

 その評価となると

 木一本一本の評価の足し算ではない!

 森全体としての総合評価となるはず!



「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2010年9月8日


こだわりのポチっと!

人気ブログランキング

DSCF0816.JPG
無料体験レッスン実施中!
「田上庭球塾」ホームページ

<塾生の声>

・田上塾のレッスンには、長所はいろいろありますが、特に1つ、と言われたら…
 そのレッスン生に合った指導がある点だと思います。
 なので、同じショットでも、生徒によってポイントが違います。
 そして、言葉を変え、見方を変え、根気良く(私自身は申し訳ないほど、なかなか出来ないので)、のコーチングがあります。
 やっとそれが自分のテニスにはまった時は、やった、と感じます。
 まさに、はまった、という感じ、なんです。
 そして、そこで、楽しい、と思えて、それがまた次の力になっていきます。
 コーチ、いつもありがとうございますm(__)m
  • 2020.06.12 Friday
  • 16:52

勝つってこと

もう一段レベルアップ

 よく、「桑名杯」なんかでも、実力があるのに、なかなか卒業できない

“史上最強のD級”
みたいな方って、いらっしゃると思います。

毎年あと一歩というところで負けてしまい、

「大体、このくらいできれば卒業できるのか……」と

計算できてしまうところに

落とし穴があるのかもしれません。

来年は、今年参加したみんなが、1年間分上手になるわけですし、

新人さんが仲間入りするのですから

(女子連の実情をよく把握せずにD級にエントリーしてしまう、初参加の強豪若手がいたりして……)

今年と同じ実力では、勝てないのです!

D級の枠だけに視点をおくのではなく、

C級の方に勝っていくくらいの実力がないと、

来年は勝てないのかもしれません



「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2010年9月7日

ポチっと!ぐらいはしておかないと

人気ブログランキング

faceup_1.jpg
無料体験レッスン実施中!
「田上庭球塾」ホームページ



<塾生の声>

・コーチから、各々の特性に即したアドバイスを頂くことができ、上手な先輩方からの刺激を受けられ、

 気づいたら出来なかったことが、少しずつ出来るようになっているからです。


  • 2020.06.11 Thursday
  • 16:10

勝つってこと

ふたつの“氷山”

 “氷山”は、水面を境界に、水面上に目に見える部分と、水面下で目に見えない部分とがありますね……。

 ひとつめの“氷山”は、

 新しいことを覚えて、身につけていく“氷山”

 新しいことを練習しても、なかなか試合(水面上)には、現れません。

 しかし、水面下には、しっかり積まれているはずですから、もうすこし継続して、水面上に現れるまで積み上げていきましょう!

 ここで、「試合に反映されないから」などといって、やめてしまえば、まったくやらなかったことと同じ、

 もしくは、やっちゃった分、無駄だったってことになりかねません。

 ふたつめの“氷山”は、

 悪い癖を直して、生まれ変わる“氷山”

 悪い癖を直そうと練習しても、なかなか試合(水面上の氷)は、消えてくれません。

 なぜなら、水面下を削っているからです

 ある程度削れば、水面上の氷も崩れて消えてしまうでしょう。

 これが、何パーセント削ればいいのかは、その時々によって、まちまちです。

 少なくても済む方法……これは、とっておきです!

 それは、試合に勝つことです!

 勝ちは悪いことをも、すべて洗い流すパワーがあります!

 だから……

 勝てない人は、あまり考えすぎてはいけません!

 洗い流せないので、詰まってしまいます!
 
 その意味でも、

 「レッスン・練習積み上げたのちに、試合・大会!」

 パターンより

 「まず、試合・大会やってみたのちに、レッスン・練習」

 パターンのほうが、上達早いです!

 最後に、福田雅之助先生のことば

 「下積みとなれ!そして努力せよ!やがて上積みとなる。努力なしでは浮かびあがらない!」



「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2010年9月5日


ポチっと!下積み

人気ブログランキング

DSCF0815.JPG
無料体験レッスン実施中!
「田上庭球塾」ホームページ

<塾生の声>

・変わりたい!上手くなりたい!仲間の情熱が私を後押ししてくれます

・グループレッスンなのに個別指導感!コーチが一人一人に合ったアドバイスをくれます

・誉められ下手の私に丁度いいくらいの誉め上手コーチ😁


  • 2020.06.10 Wednesday
  • 10:02

テニスのこころ

目線は低く、目標高く!

 コーチとして、みなさんを上達させること、導くことが仕事でありますから、

 "上手くいく" "きっと上達する”とは、思っています。

 もしくは、念じています。

 しかし、かれこれ35年コーチ業をやってまいりますと、

 ”上達することのむずかしさ”を

 しみじみと、いやというほど、経験してきました。

 やっぱり、簡単ではないのです!
 
 ですから以前は、

 ”どうしてできないの?”

 ”そのうちできるだろう!”

 なんて、すぐに考えてしまったものですが、

 最近は、少しは長く観ることができるようになったと思います。

 腰を据えて、謙虚に地道にコツコツと積み重ねて、

 ”小さな上達”を見逃さないように心がけています。

 これが、”目線は低く”ということかな……

 ですから、”どうせできないぜ!”なんて投げやりにはなってません!

 あくまで“目標は高く!”です。

 成せばなる!ってか…



「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2010年9月3日

目線は低くポチっと!

人気ブログランキング

012.JPG
無料体験レッスン実施中!
「田上庭球塾」ホームページ

<塾生の声>

 嫌いなショットを嫌がらない!打ち方なんて気にしない!

 来たボールを、打って打って…

 それだけで何かが変わる不思議なレッスン!

 ☆ まだ 新しく出来るようになることがあるのです!  

 田上レッスンを続けてたら、知らないうちに、引き出し増えてました!

 ♪ みんな同じ打ち方を教えるレッスン?

 いえいえ、力の入るところ、体の向き、それぞれタイプが違うのです。

 自分に合った打ち方で、自信が持てます!

 貴方にもまだ羽ばたける羽が、きっとあります!
  • 2020.06.09 Tuesday
  • 21:32

テニスのこころ

いま、すぐにできること

 技術的なこと、体力的なことは、すぐに"ナンバーワン”になることはできません。

 しかし、精神的なことは、いますぐに"ナンバーワン"になることは可能です。
 
 すぐにできる"ナンバーワン”を増やすことで、上達は確かなものとなる

 「仲間内で一番〜」 「地域で一番〜」「日本で一番〜」(各々が決めてね)

 ・明るくエネルギッシュな選手になろう!

 ・気持ちの切り替えが早い選手になろう!

 ・家事を手抜きしない選手になろう!

 ・道具を大事にする選手になろう!

 ・全身全霊全力でプレーする選手になろう!

 ・ジャッジのきれいな選手になろう!

 ・誰とでも組める選手になろう!

 などなど……

 いまから、すぐにできることを実行して"ナンバーワン”になろう!

 人間は、あることを

「結果を気にせずに」、「プラス方向に」「目標」に向かって「そのポイントに集中」し、

それを継続すると、同調・共鳴の法則により、「精神エネルギーが増大」します。

 要するに精神的に強くなります!    (長谷川先生)



「女子連テニス上達のカギ」アーカイブ
2010年8月29日

ポチっと!するナンバーワンになる

人気ブログランキング

DSCF0816.JPG
無料体験レッスン実施中!
「田上庭球塾」ホームページ
  • 2020.06.08 Monday
  • 16:26