Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ペアリング

コメントいただきました!

コメントいただきました!

「捨てなければ得られない」という記事。

つめるのかロブケアでさがってるのか…。

縦割りなのか横割りなのか…。

という話題で、アクセス数が多い記事です。



はじめまして
ゆっくり読ませていただいています
女ダブはロブが多いので
常にロブケアーになってしまいます
平行陣で縦守りだとどうしても
サービスライン前後のポジションで
そこからどう仕掛けて決めに行くかだと思っています

ちなみに私はB2で堀口コーチと一緒です
下がります・・・




happy treeさんありがとうございます!

会報
そのこたえが写真のなかの「田上塾」の塾生向け会報の見出しです!

これは、6月号で明日から塾生に配られるもので、まだ誰も読んでいないものですが、

ちょうどコメントをいただいた話題だったので出しました!

セオリーなしっ!

……です!



今週月曜日に田上がじぶんの考えを決めました!(まだあつあつ!)

いままでの田上の考えは…

まずは、ロブを取ることを捨てて、センターの甘いボールを積極的に取りに行け!

ということを、特に「桑名杯」レベルの方には、強調してやってきました。



この考えのいいところは、おまけとして、

ボールを呼べる!

さあ!来い!


という意識がつくれるからです。



田上は、はっきりいって見かけ上のポジションは、おのおのすきにやったらいいんじゃないの?

というスタンスです!


ですから、happy treeさんのお考えそれでいいんじゃないですか。

ってとこです。

ただ、気になるのは、

常にロブケアーしている

というところです。



これって、ボール呼べます?

あ〜あ、すみません!

野球で守っているときに、

「じぶんのところへ飛んで来い!」と

声を出すことを、”ボールを呼ぶ”とかいうんですね。

なんせ、ダブルスどころか9人で守っているので、

さあ!来い!って声出してないと、いざじぶんのところにボールが来た時に動けない!一歩目が遅くなる!

要するに、

ボケっとしちゃうんです!


これとおなじことが2人でやるダブルスですが、どうもあるように観えるんです!



サービスライン前後のポジションで
そこからどう仕掛けて決めに行くかだと思っています



このことをやるのに

常にロブケアーの意識状態では、やりにくくはないでしょうか?


見かけ上の実際に立っているポジションは、ロブケアーの後ろめ、Bタイプでもあるわけだし…

いいんだと思いますが、

気持ちが、意識が、攻めモード

さあ!来い!

がつくれてますか?

ってことです!



ロブケアーしてれば、とりあえず、無難なんです!頭越されませんから…。

安心ですよね!だから安心をとっていただいてもいいのですが…(さっきから”いいんだ”っていいながら)


要するに、

ボケっとしちゃいませんか!


ボ−ルが飛んできてからで間に合いますもんね!

そしたら、相手がどこ打ってくるのかというような”読む”ってこともしなくていいですよね。

だから、”読む”直感力も鍛えられにくいと思います。


要するに

ボケっとしちゃうんです!


いままで、たくさんの生徒さんを観てきて

強い方は、

”トラの眼”

を持っているんです!


まさに獲物をすきあらば狙ってやる!といわんばかりの”眼”ですね!


強い方に試合前に接すると

ただ色が黒いとか

おなじラケット3本持ってるとか

キネシオ焼けしてるとかじゃなく…(うわ〜これ以上言ったらしばかれる!(笑))


強い人の独特のオーラみたいのを感じたことがあると思います。あれですよ!あれあれ!

このブログの検索ワードによく

「女子連 こわい」ってのがけっこう入ってますからね…(笑)



この”トラの眼”を養うのに、ロブを捨てると養いやすいんです!

捨てるといっても、大丈夫です!心配しなくても捨てられませんから、そんな惜しくて惜しくて…(笑)



でもその逆で、

ロブケアーしているときの、

センターの甘いボールは、

逃しても惜しくないはずです!

なぜなら、

パートナーが取ってくれるからです。


だから、本来”トラの眼”を持っている人なら、

迷わず飛び込んでくるボールに対し、

飛びこんでこない!


まだそれでも、いけたかな〜

なんて思う人は脈ありなんだけど、

ぜんぜん脈がないひともいらっしゃいます。このひとに”トラの眼”を持っていただくのは、けっこう難渋するんで

す。


これは、大会前の「ペア練習」すると、こっちに伝わってくるものなんです!

やっぱり、”トラの眼”を持ってるペアだと、こっちも自然と気合はいりますよ!だってやられちゃいますもん!



これはコーチやってる肌感覚みたいなものなんですけど、これがないとダメって気がするんです!

そんなことをグループレッスンじゃなく、大会前の「ペア練習」を指導したりするとわかるんです。


だから、けっこうみなさんポジションやフォーメーションで

あーでもない!こーでもない!ってやってますが、

”トラの眼”を識っちゃっているわたしからすると

ちいさい!ちいさい!



それで、ポジションうんぬんいってるペアにかぎって、そんなことに意識を奪われているから、”トラの眼”ないん

です!


(話が”トラの眼”になっちゃった!つづきます!)




毎月手書きの「会報」出してます!田上はアナログです!
「田上庭球塾」



あしたは晴れるか?
「田上塾」オープンカレッジ


あさってスタート!
「田上中級女子テニス部」

梅雨時は神経痛!そんなときぐいぐいストレッチやったらダメですよ〜
「たがみ整体院」
  • 2011.06.02 Thursday
  • 23:46

ペアリング

パートナーを活かそう!

JUGEMテーマ:スポーツ

ペアの個性をよく知り、それを活かしてポイントを取ろうとすること。

上手くペアを操り、ポイントを取らせてあげて、そのペアが喜んでいる姿を観て、うしろでニヤッと笑っているくら

いの余裕を持とう。

とにかく、勝つも負けるもじぶんで決めたいと思う人は、シングルスをしたらいい。


「田上庭球塾」HP
  • 2010.11.01 Monday
  • 00:14